6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インフレへのカウントダウンで株価が沈黙する中、ラリーミームが大騒ぎ

インフレへのカウントダウンで株価が沈黙する中、ラリーミームが大騒ぎ

火曜日に発表された新たなデータによると、4月の卸売物価は予想以上に上昇した。 しかし、ジェローム・パウエルFRB議長は3月のPPI改定値を分析した際、この発表は「まちまち」だったと述べた。

パウエル氏はアムステルダムでのパネルディスカッションで「つい数時間前にPPIの読み出しがあったが、実際にはかなりまちまちだと言えるだろう」と述べた。 「見出しの数字はもっと高かったが、それは不利な修正だった。」

彼はさらに、「それを暑いとは言いません。ある種混合したものだと思います。」と付け加えた。

生産者が生産した商品に対して受け取る価格を測定する生産者物価指数の最新発表によると、4月の卸売物価は前月比0.5%上昇し、予想の0.3%を上回った。

変動の激しい食品とエネルギーカテゴリーを除いた「コア」生産者物価指数は0.5%上昇し、予想の0.2%上昇を上回った。 また声明では、3月の月間物価上昇率が当初の0.2%上昇から0.1%下落に下方修正された。

パウエル議長は火曜日、インフレに関して広範に発言し、インフレが引き続き鈍化するとの確信は年初ほど高くはなく、中銀は利下げする前に忍耐強くなる必要があると述べた。

「これが平坦な道になるとは予想していませんでしたが、これが終わりです」 [inflation readings] パウエル氏は「誰もが予想していたよりも高かったと思う」と語った。 「それが私たちに教えてくれたのは、私たちは辛抱強く、制限的な政策が機能するようにする必要があるということです。」

READ  DirecTV は、Newsmax をダンプした後、別の右翼チャンネルを追加します