4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イースター礼拝者を乗せたバスが橋から転落、45人死亡 唯一の生存者8歳

イースター礼拝者を乗せたバスが橋から転落、45人死亡 唯一の生存者8歳

木曜日、南アフリカでイースター崇拝者を乗せたバスが橋から転落し、45人が死亡した事故で、8歳の少年が唯一の生存者となった。

バスはリンポポ県北部のママトラカラ橋でコントロールを失い、渓谷に50メートル転落し、炎上した。 死者45名の中には運転手も含まれていた。

リンポポ当局によると、バスはハッジ巡礼を行うために隣国のボツワナからモリアの町まで乗客を運んでいた。

当局によると、唯一の生存者である8歳の少女は重傷を負い、治療を受けているという。

地方政府によると、消防団が消火に当たっており、捜索は木曜夜遅くまで続いた。

南アフリカのリンポポ州ウォーターバーグ地区で、R518高速道路でバスが衝突し、数十人が死亡した後、消防隊がバスを消火した。

(ロイター通信より)

車内には今も多くの遺体が閉じ込められている。 しかし、救助隊員たちは、見分けがつかないほど焼かれた遺体の身元を特定する際に多くの課題に直面した。

国家運輸省によると、シンディシウェ・チクンガ運輸大臣は交通安全キャンペーンのためリンポポ州を訪れており、事故現場を訪れる予定を変更した。

彼女は事故の原因を究明するために調査が進行中であると述べ、犠牲者の家族に哀悼の意を表した。

南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領事務所は声明で、同大統領がボツワナに哀悼の意を表し、支援を約束したと述べた。

クリスチャン シオン教会の本部はモリアにあり、イースター ドライブには南アフリカ全土および近隣諸国から数十万人が集まります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック以来、モーレア島へのイースター旅行が再開されたのは今年が初めてだ。

南アフリカ政府は、イースターの週末は特に交通量が多く、道路での移動が危険な時期であるため、交通事故の危険性を頻繁に警告している。

昨年のイースター休暇中に交通事故で200人以上が死亡した。

代理店による追加レポート

READ  シャチに2度待ち伏せされた船長「彼らは自分たちが何をしているのか正確に分かっていた」