5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウェストミンスター大学で長年教授を務めた著者が『ジャズと日本が出会う場所』を執筆

ウェストミンスター大学で長年教授を務めた著者が『ジャズと日本が出会う場所』を執筆

4月はジャズ感謝月間です。 国民詩月間でもあります。 そして、2024 年の Unbound Book Festival は日曜日に終了します。

ジャズ愛好家、愛好家、詩人、作家、ウェストミンスター大学英語名誉教授である友人のウェイン・サデイと、最近出版された本についてメールを交換するのがふさわしいと思いました。 「ニッポンソウル」 (オーザルツェン出版)。 「日本のジャズ – インタビュー 2000-2012」と題されたこの本は、何年もかけて制作されました。

いつどこで会ったのかは分かりません。 彼はそれを、私が参加したウェストミンスターで彼がプロデュースしたデニー・ザイトリンのコンサートに添付しました。 多分。 それは問題ではありません。 ザットは『Nippon Soul』のプロローグでこう言っている。「私たちはすぐに友達になった」。

その部分やそれ以上の部分は、今日でも当てはまります。

ウィンディシティの南に住んでいたジェイドは、10 代のときにジャズに出会いました。 1976 年に彼と妻のキャシーがフルトンに生涯住むようになるまでに、彼はジャズとその御用達にどっぷりと浸っていました。

『Nippon Soul』は、日本におけるジャズのそれぞれの経験に焦点を当てた、プレイヤーや業界関係者へのインタビュー集です。 確かに焦点は狭いですが、それ以上のものです。 これは、知識豊富で情熱的な作家およびファンと、モダンジャズミュージシャンおよび舞台裏で仕事をしている人々との間の一連の会話です。 以下は、私たちの電子メールのやり取りを編集したものです。 「にっぽん魂」入荷しました 印刷版および Kindle 形式で Amazon 経由で購入できます。

この本のアイデアはどのようにして生まれたのですか?

この本のアイデアは、私がジャズと日本について考え始めてからずっと経ってから思いつきました。 私はウェストミンスターの教員が利用できるタイトル VI の助成金を国際研究コースの開発に利用しました。 いくつかの資金のおかげで、私は日本に旅行して人々に会うことができました。 他の人に相談することを提案する人もいましたが、他の人も提案し、他の人も提案し、私は続けました。

インタビューしたミュージシャンの雑誌のようなプロフィールを書くことを考えたことはありますか、それともストレートな Q&A 形式のインタビュー アプローチに常に固執していましたか?

私はこのインタビュー形式がとても気に入りました。なぜなら、ミュージシャンたちは私がこれまで会った中で最高のストーリーテラーの一人であるからです。 私はコースを 3 回教え、インタビューを教科書の補足として使用しました。 インタビュー形式から離れて、インタビューをどういうわけかプロフィールやエッセイに変えることをためらったのですが、何人かの著者が私に提案してくれました。

異質な、あるいはややランダムなインタビューをまとめて本の形でまとめてみてはどうでしょうか?

インタビュー集を出版しようとしたが、うまくいかなかった。 ある時点から、私は本のアイデアをあきらめました。 私は受け取った「拒否」にいくらかイライラしていました。 仕事や家庭で忙しくて時間が取れなかったのも一因です。 すべては何ヶ月も地下室に眠っていました。 それから私はレアード・オーキーのラジオ番組に出演してそのことについて言及しました。そして、それを放送した人々はその番組を聞いて、実際にその場でそれをやりたいと言いました。 そこで私は持っているものと入手可能なものを使って走りました。

重複する内容もある一方で、あるアーティストから別のアーティストに移ると、異なるものがあることに気づきました。 また、公開された 27 件のインタビューが姓のアルファベット順に並べられていることに気付きました。 あるアーティストから次のアーティストへとテーマをなんとなく織り交ぜたり、インタビューが行われた時期に基づいて内容を時系列に並べたりするのではなく、このように『Nippon Oasis』を構成した背景には何があるのでしょうか?

正直に言うと、一部の面接がいつ終わったかを正確に言うことができませんでした。 たとえ他のことが起こったとしても、私は固執する一連の質問を持っています [during] 会話。 そこで、最初からアルファベット順に並べたのが「本」です。 [was my way] おそらく遊び場へ。 [it] それはこれらの会話をまとめる方法でした。

誰にインタビューするか、そして当然のことですが、いつインタビューを中止するかをどのように決めましたか?

ミュージシャンの選択は、誰がミズーリ州を通過するか、またはいつニューヨークまたはセントルイスに到着できるかによって部分的に左右されます。ミュージシャンが演奏するさまざまな楽器を試してみました。 もっと日本のミュージシャンを巻き込めれば良かったのですが、ある時点からは渡航や経済的、言語的な問題が発生してしまいました。

あなたはジャズとジャズの歴史についてよく知っています。 しかし、個々のプレーヤーについてあなたが知っていることの例は何ですか? あなたが集めた驚くべき「カーネル」は何ですか?

私が話をした選手たちは皆、日本に行ってプレーすることを楽しみにしていることが分かりました。 お金を稼ぐだけでなく、音楽を世界中に広めるためにも、50 年代のオリジナルの音楽大使だったアート ブレイキー、マイルス デイヴィス、ジョン コルトレーンの例に倣いましょう。 また、日本の音楽学生に、主にバークリーでジャズを学ぶために米国に来ることを奨励することについても多くの人が話し合った。 [College of Music in Boston], 他の音楽学校でも同様です。 現在、多くの日本のジャズミュージシャンが世界最高のミュージシャンの一人にランクされています。

ジョン・コルトレーンの写真とともに広島についてのアダム・ダウェルの詩を載せた本をどうやって仕上げたのでしょうか?

私は偶然アダム・タヴェルの詩に出会い、とても気に入りました。 私は教師としてのキャリアを詩に費やしてきたので、気に入った詩をこの本の中に入れずにはいられませんでした。 世の中には「ジャズ詩」がたくさんあります。 アダムはとても喜んで付け加えてくれました。 この詩は世界平和についてのものであり、この本を貫くテーマ、つまり第二次世界大戦の恐怖の後に日本とアメリカがどうやって団結したかについて書かれている。

この本を出版することで、自分の仕事が報われるという明らかな自己満足を超えて、何を達成したいと考えていますか? 本やインタビューを読んで人々に何を得てほしいですか??

私は学者ではないし、私のコースの論文指導者の一人が警告したように、この本は単なる「ジャズ・パフの歴史」にすぎない。 ジャズと日本について書かれた貴重な情報はほとんどありません。

この本が、学者によって書かれた、アメリカの読者向けにジャズと日本に関する数少ない英語の本を含めるという謙虚な試みであることを願っています。 私は、話を聞いたミュージシャンや専門家の声から、この本についてもっと個人的な雰囲気を味わいたかったのです。 私がこのプロジェクトを始めたのは20年前です。 元気なうちに出しておいてよかったです。 この本は私にとって「退職」プロジェクトでした。 まさに、愛の結晶です。

ジョン W. ボスは、「We Always Swing」ジャズ シリーズのエグゼクティブ ディレクターです。 jazznbsbl@socket.net までご連絡ください。

READ  第二次世界大戦中にマサチューセッツ州の家で発見された遺物が日本に返還された