6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナ、南部の小さな村の返還を要求

ウクライナ、南部の小さな村の返還を要求

日曜日にバチカンを訪れた教皇フランシスコ。クレジット…アンドリュー・メディシーニ/AP通信

教皇フランシスコは金曜日、ロシアのサンクトペテルブルクでカトリック教徒の若者たちにビデオで行ったコメントの中で、18世紀のロシアの支配者たちと、彼らが築くのに貢献した偉大なロシア、つまりウラジーミル・プーチン大統領がウクライナ侵攻の枠組みに引用した帝国に敬意を表した。 。 。

「遺産を決して忘れないでください」とフランシスは言いました。 「あなた方は偉大なロシアの相続人です。聖人と支配者の偉大なロシア、ピョートル一世とエカチェリーナ二世の大ロシア、偉大で啓蒙された、偉大な文化と偉大な人間性を備えた帝国です。」

ロイター通信によると、サンクトペテルブルクで若い教会員に焦点を当てた会議の終わりに演説を終えようとしていた教皇は、準備していたスペイン語での発言からイタリア語で聴衆に歴史を心に留めるよう呼び掛けた。 バチカンは準備された声明を発表しただけだが、 クリップ 後にそれを投稿した宗教機関は、同氏がさらにこうしたコメントをしているところを明らかにした。

そして、フランシスコは過去1年間を通じて、平和の断固たる支持者であり、侵略してきたロシア軍との戦いでウクライナ人を「殉教者」と呼んだが、彼の発言はすぐにウクライナや、かつてソ連の一部だったロシアに近い他の国々で非難を浴びた。連合。 。

ウクライナ外務省のオレグ・ニコレンコ報道官は、「ロシアの慢性的な侵略の実際の原因である偉大なロシア国家の考えが、意図的か非意図的かにかかわらず、教皇の口から出てくるのは非常に残念だ」と述べた。 Facebookに書いた

エストニアの元大統領トーマス・ヘンドリック・イルヴェスは、以前はツイッターとして知られていたXプラットフォームに、発言は次のように書いた。 「本当に嫌だ。」

この文書はウクライナのギリシャ・カトリック教会のスヴャトスラフ・シェフチュク教会長によって発行された。 許可証 教皇の発言によって生じた「痛み」と「失望」に言及し、「教皇に向けた意図、文脈、発言の操作」を避けるために教皇庁に対し、フランシスコの発言を明確にするよう求めた。

昨年自分をピョートル大帝に例えたプーチン大統領は、過去18カ月にわたり、ソ連が崩壊しつつあった1991年までソ連国家だったウクライナ侵攻の枠組みとして、ロシア帝国の再建という考えを利用してきた。 同氏はまた、先週述べたように、この侵略を「西側諸国が引き起こした戦争に終止符を打つ」試みとして描いた。

教皇が準備した演説そしてそれはバチカン公報に掲載されたが、同氏の最終声明には触れず、若者が世代間に橋を架ける重要性を中心に据えていた。

そして、バチカンの文書にはこう書かれています。「私はあなたたちを種まき人として、和解の種を蒔くよう勧めます。戦争の冬に、凍った地面に今は芽を出さない小さな種ですが、将来の春に花を咲かせる小さな種を蒔くのです。」

紛争の初期の数か月間、フランシスコはどちらかの側につくことを避けていたようで、ロシア大統領や戦争の主要な宗教的支援者であるロシア正教会のキリル総主教を公に批判することを控えていた。 5月、キリルとのビデオ会議の後、フランシスコは方針を変え、キリルに「プーチンの祭壇係にならないように」と警告した。

バチカンは月曜日、教皇が政治的な立場をとったことは一度もないとし、教皇の言葉は「人命とそれに関連する価値観を守るための大きな声として読まれるべきだ」との声明を発表した。

彼女は、教皇は「道徳的に不当で、容認できず、野蛮で不条理で憎しみに満ちた不敬な」戦争を常に非難していると強調した。

教皇が派遣した和平特使のマッテオ・ズビ枢機卿は、夏の和平交渉を促進するため、ウクライナ、ロシア、米国を訪問した。

READ  ボブ・メネンデス上院議員は、OPEC+の石油削減に関するサウジアラビアとのすべての協力の終了を要求します