6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナ兵士は援助金の多くが米国に留まっていることに米国人は気づいていないと語る

ウクライナ兵士は援助金の多くが米国に留まっていることに米国人は気づいていないと語る

10月24日、ワシントンD.C.のワシントン記念塔近くで、約150人の活動家が大きなウクライナ国旗を掲揚するために集まった。
チャールズ R. デイビス/インサイダー

  • ウクライナ兵士は今週の米国議員との会合についてインサイダーに語った。
  • 来月前線に派遣される予定のこの兵士は、支援金がどのように使われるのか多くの人が知らないと語った。
  • 彼のメッセージは「私たちは植民地主義者にはなりたくない…民主主義の中で生きたいのです。」

ワシントン D.C. — 爆弾が落ち始めたとき、ヴィタリー・ボイコさんは不動産業で働いていました。 彼は不動産の売買業から不動産防衛の仕事に転じ、誰もがロシアの勝利は時間の問題だと信じていたキエフの戦いのさなか、ウクライナ軍に従軍した。

「戦争が始まったとき、私の家族はイギリスへ向かいました」と彼はインサイダーに語った。 「採用試験所に行ってきました。」

ボイコ氏の現在の旅団はウクライナ国家警備隊に所属しており、東部戦線の歩兵から航空機から首都を守り続ける対空部隊まで多岐にわたる。 ロシアのミサイル そして イランの無人機。 しかし今週、彼は、厳密に言えば次の展開のために休暇をとって休んでいるはずだったとしても、別の種類の戦争、つまり政治に従事している。

ワシントン記念塔に日が沈む中、同氏はインサイダーに対し、「2週間後に旅団とともに最前線に行くため、休暇を取っている」と語った。記念碑には、ワシントンで親ウクライナ擁護サミットに参加していた約150人の活動家が集まっていた。先に出発しました。 主催者が主張したのは、世界最大の青と黄色の旗だった。 しかし、彼は実際に仕事をしており、国会議員と会い、戦争についての自分の見解や、なぜ自国の防衛がまだ支援する価値があると信じているかを共有している。

これは、来年の議会の議題を左右する下院共和党が、ウクライナの戦いがアメリカの戦いでもあるのかどうかを巡って意見が分かれている中での介入だ。 ボイコさんは、これまでのところ会合は役に立っていると語った。

「ウクライナへの財政援助が直接ウクライナに送られるわけではないことを誰も知らないので、非常に有益で興味深いものだった」と同氏は語った。 同氏はさらに、「彼らはウクライナに直接多額の資金を提供したと考えているが、その資金がどこにあるのか把握できない」と付け加えた。 [it] それが今です。 しかし、それはウクライナに直接送られるわけではない。 彼はまだ米国にいます。 「ウクライナに直接送られるのは古い設備だけですが、1万平方キロメートルを超える巨大な前線を抱えている場合、それだけでは十分ではありません。」

米国はウクライナに資金を提供しました。 260億ドル以上 国内の公共支出を支援するため。 しかし報告書によれば、ウクライナに割り当てられた総額1,130億ドルの援助のうち「かなりの部分」が「実際には米国内または米国人員に費やされた」という。 戦略国際​​問題研究センター、ワシントンにある研究センター。 ウクライナに移送された武器と装備の大部分は既存の備蓄からのもので、議会はその交換に260億ドルを割り当てたが、バイデン政権は最新の提案でその数を増やすことを望んでいる… 614億ドルの新たな援助

ボイコ氏は、米国ではさらなる援助の提供に躊躇している人もいるかもしれないが、自分のような人々が戦い続ける決意をしていることを米国人に知ってもらいたいと語った。

「塹壕にいるすべての兵士は、自分が家族のため、子供たちのため、自由のために戦っていることを知っています。私たちは植民地支配者にはなりたくありません…裕福な奴隷にはなりたくありません。私たちは民主主義の中で生きたいのです。」 」 「前線で命を落とさないために参加したくないのであれば、装備を提供してください。私たちがあなたを守ります。」と彼は言いました。

READ  元NHL選手アダム・ジョンソン氏、英国プレミアリーグホッケーの試合中の「異常事故」により死去