11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オミクロンが不良債権リスクを強調しているため、日本の銀行は収益に注意を払っている


FILE PHOTO:人々は、2016年5月16日、日本の東京にある三菱UFJフィナンシャルグループの東京三菱UFJ銀行(MUFG)の支店を通り過ぎます。REUTERS/ Thomas Peter

山崎真紀子さん、清水律子さん

東京(ロイター)-水曜日の日本の最大の貸し手はすべて、オミクロンの亜種が彼らの収入に与える可能性のあるリスクについて警鐘を鳴らし、パンデミックの復活がより多くの不良債権を引き起こす可能性があるという懸念を復活させた。

これは、日本の大手銀行3行(資産で世界最大の貸し手)からの冷静な評価であり、最新のコロナウイルスの亜種が、すでに脆弱な国内経済にさらに下向きの圧力をかける可能性があることを強調しました。

トップレンダーの三菱UFJフィナンシャルグループは、第3四半期の利益が前年同期比40%増となったものの、通期の純利益見通しは1.05兆円(91億6000万ドル)を維持し、9ヶ月合計は1.07兆円となった。 。

年間予測は、リフィニティブがまとめた11人のアナリストの平均1.08兆円と比較。

MUFGの広報担当者は、ブリーフィングで、「チップの不足がサプライチェーンに影響を及ぼし、オミクロンの発生が経済見通しを曇らせているため、前向きな方法で引当金を予約する可能性を検討する必要がある」と述べた。

銀行の収益は、政府の補助金が多くの企業を浮き上がらせたため、パンデミック関連の不良債権の洪水の可能性に対処するために取っておかれた引当金からの現金の解放によって、過去数四半期にわたって膨らんだ。

しかし、第3四半期にはそのような後押しは見られませんでした。

大手銀行の与信費用は前四半期から上昇し、オミクロンの発生が経済の新進の消費主導の回復を冷やす可能性があるという懸念の中で、一部の大口借り手のために引当金が計上されました。

東京の新しいCOVID-19症例は、水曜日に初めて20,000を超え、オミクロンを燃料とする感染の波がピークに達することを期待しています。 首都と日本のほとんどは現在、ウイルスの拡散を封じ込めるために抑制されています。

三井住友フィナンシャルグループは、国内第2位の銀行であり、第3四半期の純利益は前年同期比3%増の1,687億円でした。

みずほフィナンシャルグループ株式会社の純利益 3貸し手は、12月までの3ヶ月間で33%減の930億円となった。

三井住友銀行と水宝銀行はともに通期の利益予想を維持した。

銀行はまた、連邦準備制度理事会が3月から金利を引き上げ始めると予想されており、米国の金融引き締め政策に関連するリスクを挙げています。

みずほの広報担当者は、ブリーフィングで、「国債ポートフォリオは慎重に管理する。引き締めの加速による経済への大きな下振れリスクが見られる」と述べた。

($ 1 = 114.6000円)

(山崎真紀子、清水律子による報告、キム・コグヒルによる編集)

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  イオカとフランコは、毎年恒例の日本 12 月のクローズアウトでチームを組むことに同意します!