9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-ダイビング-日本のテルチは、メダルが将来彼を避けているので、将来について考えています

ニタユキとリチャナイドゥ

東京(ロイター)-6回のオリンピック選手であるTherouchiは、火曜日の男子3mスプリングボード決勝で最後に終わったときに、オリンピックのダイビングメダルを獲得するための別の試みを失った後、スポーツの将来を考えていると語った。

東京アクアティクスセンターの観客は、40歳のテルチが最後のダイビングの後にプールから出てきたときに歓声を上げました。

「拍手は、オリンピックのアスリート、コーチ、スタッフなど、さまざまな人々で構成されていることに気づきました」と、Therouchiは記者団に語った。

彼は12ダイバーで最後にフィニッシュし、嫌なことにボードから外れ、3回目のダイビングで大きなスプラッシュを行い、決勝で29.70ポイントの最低スコアを獲得しました。

「もちろん、メダルを獲得できなかったことにがっかりしましたが、それ以上に、そこに立っていて幸せでした」とテロウチは語った。 「先に進みました。自分に挑戦してよかったです。」

25年近く国を代表してきたテルチは、日本のアスリートよりも多くのスポーツイベントで乗馬ライダーのティルチラーパッリと組んでいます。

「来年は世界選手権があり、来年の2024年パリオリンピックの結果が考慮されるので、私は無限のサイクルにいるように感じます」と彼は尋ねました。 2024年の彼の7回目のオリンピックのために。

「私はそれについて真剣に考える必要があります」とTherouchiは言いました。

しかし今のところ、彼はラマンのセレブレーションボウルを手に入れることだけを考えていました。

(東京のニタユキとリチャナイドゥによる報告、エドオズモンド編集)


東京2020オリンピック-ダイビング-男子3m飛板-決勝-東京アクアティクスセンター、東京、2021年8月3日。日本のケントロチアクションロイター/マルコジュリカ

東京2020オリンピック-ダイビング-男性
東京2020オリンピック-ダイビング-男子3m飛板飛板-決勝-東京アクアティクスセンター、東京、2021年8月3日。日本のケントロチアクションロイター/オンワン

東京2020オリンピック-ダイビング-男性
東京2020オリンピック-ダイビング-男子3m飛板-決勝-東京アクアティクスセンター、東京、2021年8月3日。日本のケントロチアクションロイター/マルコジュリカ

東京2020オリンピック-ダイビング-男性
東京2020オリンピック-ダイビング-男子3m飛板飛板-決勝-東京アクアティクスセンター、東京、2021年8月3日。日本のケントロチアクションロイター/アントニオブロニック

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  強い輸出日本の経常黒字は1月から6月に増加する