5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-フィギュアスケート-日本は北京でのドーピング事件でメダルを獲得したいと考えている

北京:ロシアのフィギュアスケート選手カミラ・バリバが関与したドーピングスキャンダルに続いて、日本チームのスケーターは北京でのフィギュアスケートチームの大会でメダルを獲得すると、日本オリンピック委員会は日曜日に語った。

記者会見で、「ドーピング問題やメダル獲得についてはあまり考えていない。メダルセレモニーに興味があり、北京でメダルを集めることができるかどうか疑問に思っている」と語った。 。

日本のスケーターは月曜日のチームフィギュアスケート競技会で3位に終わった。これは、ロシアオリンピック委員会(ROC)チームの一員である15歳のValiyevaがロシアと米国に次ぐ、正のドーピングテストのニュースに先立って行われた。 イベント。

大会でのワリワの将来は、北京時間の午後8時30分(グリニッジ標準時12時30分)に軍法会議(CAS)の公聴会が開かれた後に決定されます。

日米両チームも最終結果を待っています。

「選手たちはメダル授与式まで待たなければならないことに少しがっかりしている。彼らはそのメダルのために一生懸命働いてきた」と伊藤氏は語った。

公館長は、ドーピング事件の結果は日本オリンピック委員会に受け入れられると述べた。

「メダル授与式のタイミングがまだ決まっていないのは残念だが、日本ではないので、バリバの事件についてはコメントを控えたい」と伊藤氏は語った。

「関係機関が必要な措置を講じることを望んでいるので、この問題についてコメントすることはしない」と彼は述べた。

(村上さくらによる報告、Robert Brusselによる編集)

READ  全国で人気を博している新RPG「メメント・モリ」が海外ユーザー向けの予約を開始