9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-卓球-中国女子チームが金メダルを獲得し、記録を伸ばしました

エイミー山光脚本の作品

東京(ロイター)-中国は木曜日の決勝でオリンピック女子卓球金メダリスト日本を3-0で破った。

陳夢、孫穎莉、王マヌの中国人トリオは全員、タイトルを獲得した後、コーチの李孫と一緒に国旗を掲げて、最初のオリンピックに出場しました。

第2試合では、サンは先週シングルス準決勝で優勝した日本の伊藤美誠と対戦した。

20歳のクリケット選手は、プレーするたびに上達していると言っていたが、激しい戦いを繰り広げたが、中国人は3-1で勝利した。

世界4位の王は、2008年の導入以来、4つの女子オリンピック卓球チームイベントで中国の勝利を確実にするために、3回目の試合で平野美宇を3-0で破りました。

「この金メダルをもう一度着てください。この喜びは以前とは違った感じです」と彼女は東京オリンピックで女子シングルスの金メダルも獲得しました。

「これはチームメダルで、素材が違います。そのためには、私たち3人とチーム全体、中国卓球協会、挑戦したすべての人、静かに私たちをサポートしてくれたすべての人を獲得する必要があります。ここで本当に感謝したいと思います。 「」

李氏は、日本の選手たちは中国に挑戦し続けているため、尊敬に値すると述べた。

「私たちの若い選手は日本のために非常に急速に成長しました。私たちは毎日日本を気にかけています。私たちは過去5年間このプロセスに取り組んできました」と彼は言いました。

過去2試合のチームイベントで銀メダルと銅メダルを獲得した日本の石川佳純と、伊藤と平野は試合後に全員笑った。

しかし、記者が家で遊ぶことについて尋ねたので、3人全員が涙を流しました。

「チームメイトと応援してくれたみんなに感謝している」と石川は涙をぬぐいながら言った。

「成功が私の主な目標です。もし私が勝ったなら、それをもっと楽しんでいたでしょう」とイドは記者団に語った。

「でも、他のどの選手よりもトレーニングを積んだことを心から思っています。東京オリンピックに向けて頑張って良かったです。だから、メダルを獲得したと自信を持って言えます」と優勝者は語った。東京オリンピック、試合後の記者会見での各カラーメダル。

「まずは落ち着いてリラックスしたい。やりたいことをやりたいし、自分の道を進んでいきたい。」

香港のイ・ホーシン、ド・ホイ・ケム、ミニ・ス・イ・ヤムがドイツを3-1で下し、ブロンズを獲得した。

(エイミー・ヤマミツによる報告、ヒュー・ローソン/トビー・デイビス/ケン・フェリスによる編集)


東京2020オリンピック-卓球-女子チーム-メダル-東京体育館-東京、日本-2021年8月5日。金メダリストの中国のチェン・メン、中国のワン・マヌ、中国のサン・インガがステージに登場REUTERS / Thomas Peter

東京2020オリンピック-卓球-女性
東京2020オリンピック-卓球-女子チーム-メダル-東京体育館-東京、日本-2021年8月5日。金メダリストの中国のチェン・メン、中国のワン・マヌ、中国のサン・インガがステージに登場REUTERS / Thomas Peter

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  自動室温センサーの市場規模、主要なアスリートの開発と分析-ヘラ(ドイツ)、北斗デング熱(日本)、日本四季(日本)、大隅(日本)