2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オーストラリアのバナナとメロンを求めて日本へ | 記事

オーストラリアのバナナとメロンを求めて日本へ | 記事

クイーンズランド州で栽培されたバナナとメロンが、儲かる日本市場への参入を目的としてオーストラリアで行われた初の試みとして日本に出荷されている。

パシフィック・コースト・プロデュース社がクイーンズランド州北部で栽培した先端が赤いワックスのエココニック・バナナが、東京の高級小売店「ヤッコ」のバナナ試食・販売促進イベントに送られた。

クイーンズランド州農水産局(DAF)の園芸家たちは、業界パートナーと4年間協力して、保管温度や熟成条件などの輸送およびサプライチェーンの条件が果物の外観や味に及ぼす影響を研究してきました。

別の事例では、バナナを出荷前にシドニーに輸送するのではなく、ケアンズから直接空輸し、時間とコストを節約しました。

飛行機による直接移動により、サプライチェーンの最適な状態を維持しやすくなり、食品の無駄のリスクが軽減され、果物が最適な状態で確実に届くようになります。 この輸出のデータは、ケアンズから航空貨物としてバナナを輸出する可能性と制約を調査します。

DAFの園芸専門家は日本人とブラインドテイスティングを実施し、消費者の好みを特定し、オーストラリア産バナナと輸入果物を比較する。

デインツリー・フレッシュ社が栽培したエンペラーズ・パール・メロンも今週の試食会で取り上げられた。 オーストラリアのメロンのほとんどはクイーンズランド州で生産されており、果肉が黄色い品種はすでに日本でも人気があります。 皇帝の真珠などの主要カテゴリーでは、キャリア開発の機会が提供されます。

このプロジェクトの結果はオーストラリアの果樹栽培業界にフィードバックされ、地元の生産者を日本市場に開拓していきます。

現在までのところ、オーストラリア産バナナの日本への大規模な輸出市場は存在しません。

オーストラリアで栽培されるバナナの 99 パーセント以上は国内で消費されており、オーストラリアの相対賃金が高いため、オーストラリアの農家は東南アジア諸国からの輸出に太刀打ちできません。

しかし、環境に優しいオーガニックの果物は日本ではプレミア価格で取引される可能性があり、オーストラリアの生産者にとっては参入の可能性がある。

「バナナの品質損失を減らすためのサプライチェーンのモニタリングと開発」プロジェクトは、食品廃棄物 CRC および Pacific Coast Production と協力して DAF が主導しています。

日本への高級メロンの輸出を増やすため、デインツリー・フレッシュとサプライチェーン・パートナーのハロウスミス・インターナショナルは、「食品と繊維を市場に出す:業界パートナーシップ(FF2M)」プログラムに基づき、この種の収穫後処理を含む成長試験を実施するための資金を受け取った。

パシフィック・コースト・プロダクツ社マネージング・ディレクターのフランク・シアッカ氏は、このルートはオーストラリア産バナナの輸出ルートの改善に役立つと述べた。

「当社は2009年からエコオーガニックバナナをシンガポールと香港に輸出してきましたが、到着時の果物の品質が予測できないため、将来の市場の成長が妨げられています」とシャッカ氏は述べた。

「私たちの生態学的農業システムは、商業的な食料生産において生態学的回復が可能であることを実証する強力な証拠に基づいた科学によって裏付けられています。

「このプロジェクトとDAFチームは、プレミアム製品の持続可能な供給を保証する慣行を改善する機会を特定するために、サプライチェーンのパフォーマンスを監視することがいかに重要であるかを示してくれました。」

クイーンズランド州のアグリビジネス開発・水産大臣のマーク・ファーナー氏は、DAFの園芸家たちがクイーンズランド州の農産物のより多くの輸出ルートにアクセスする業界の支援に尽力したと述べた。

「バナナはクイーンズランド州にとって約6億ドル相当の重要な作物であり、新たな潜在市場を開拓することが重要だ」とファーナー氏は語った。

「この果物の輸出方法を改善することで、日本の棚に並ぶときも、日本で買うときと同じくらい新鮮でおいしい農産物を確保できるようになります。」

READ  日本vsブラジル時間、TVチャンネル、ライブストリーム、ラインナップ、ワールドカップチューンアップのチームニュース