4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オーストラリア生まれのプロサーファーは日本代表としてパリ​​オリンピックに出場した

オーストラリア生まれのプロサーファーは日本代表としてパリ​​オリンピックに出場した

オーストラリア生まれのプロサーファー、コナー・オリアリーは、昨年母の故郷である日本に忠誠を切り替え、今夏のパリオリンピックに出場した。

日本サーフィン協会は、シドニー郊外クロヌラ出身の30歳が、オリンピック男子サーフィンチーム​​の3番目にして最後の日本代表に選ばれたと発表した。

の…

オーストラリア生まれのプロサーファー、コナー・オリアリーは、昨年母の故郷である日本に忠誠を切り替え、今夏のパリオリンピックに出場した。

日本サーフィン協会は、シドニー郊外クロヌラ出身の30歳が、オリンピック男子サーフィンチーム​​の3番目にして最後の日本代表に選ばれたと発表した。

オリンピックのサーフィン競技は、7月から8月にかけてフランス太平洋のタヒチ島で開催されます。

オリアリーの母親の唐沢明美さんは元サーフィン日本チャンピオンで、父親はオーストラリア人です。

「2024年パリオリンピックに日本代表として出場することを正式に発表できてとても嬉しいです!」 オリアリーさんはインスタグラムの7万人のフォロワーにそう語った。

広告 – スクロールして続行してください

さらに、「タヒチに来ました!」と付け加えた。

日本語を話すオレアリーは現在、ワールド・サーフ・リーグの男子ランキングで出場者35人中5位に位置している。

彼はオリンピック出場の可能性を高めるために日本代表になったと言われている。

広告 – スクロールして続行してください

「オーストラリア代表に出場できれば素晴らしいことだけど、自分のキャリアの中での立場を考えると、(日本代表として)視野を広げるのは素晴らしい方法だ」とオレアリーは昨年SBS日本語番組で語った。

オリアリーさんは、成長するにつれて自分の経歴を恥じていたと語った。

「私は子供の頃、オーストラリアの文化に適応し、学校に溶け込むために、自分の日本文化を忘れて多くの時間を費やしてきました」と彼はSBSに語った。

バー pst/MTP

READ  日本のクラーケンの夕日