12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カシオは日本で新しい楽器を紹介しました



ANI |
更新しました:
2022年2月19日12:58 IST

東京都 [Japan]2月19日(ANI):1980年以来、日本企業のカシオはミュージシャンのパフォーマンス向上を支援する革新的なテクノロジーを開発してきました。
現在、カシオトーンCT-S1000Vは、800の素晴らしい音色やその他の楽器を使用して、単語をアニメーション化できる新しい音声合成テクノロジーを備えています。
音楽プロデューサーの榎正正樹氏は、このキーボードは「歌う」ことができるため、通常のキーボードシンセサイザーとは異なると語った。
「署名は、日本で音楽に人工的な人間の声を作り出すために使用されているコンピューターボーカロイドと同じくらいユニークですが、このキーボードを使用すると、英語または日本語で簡単に歌詞を作成できます。また、スマートフォンやタブレットから歌詞を変更できます。キーボードではなく、新しい楽器だと思います」と音楽プロデューサーは語った。

キーを押し続けると、フレーズモードで希望の時間に基づいた完全な歌詞が有効になります。 レゴ演奏を使用すると、フレーズを演奏しながら音符を変更できます。
Ivas Hiroshi、Casioは、このキーボードはCasioDoneキーボードブランドの中で最高水準で作られていると言います。
「これまで、キーボードはピアノやギターなどの楽器などのさまざまな音を出すことができたので、人はミュージシャンのバンドのように演奏できました。さらに多くの改善がありますが、それでもキーボードでは生成できない音があります。音は人間の声」と語った。
ヒロシ氏は、「なこや工業大学が楽器に人間の声を使うことを研究していることを知るまで、キーボードで人間の声が聞こえなかったことをいつも後悔している。音楽を伴う人間の声、これが私たちの新しいものだ」と付け加えた。キーボードのコンセプト。」
「この革新的なボイスセットにより、ユーザーは多くのシンガーモデルから選択し、年齢、振動、ポートマント、その他のパラメーターを調整できます。 (ANI)

READ  インド系アメリカ人ゴルファーのディーカラが日本で8位に浮上