5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カスタマイズされたポケモンをオンライン販売した日本人男性を逮捕、懲役刑の可能性 | 犯罪ニュース

カスタマイズされたポケモンをオンライン販売した日本人男性を逮捕、懲役刑の可能性 | 犯罪ニュース

ニューデリー: 4月9日、京都府宇治市の36歳の男が、『ポケットモンスター スカーレット』と『バイオレット』に保存されているデータを改ざんし、カスタマイズしたモンスターをオンラインで配布して営利を図った疑いで当局に逮捕された。 山川義弘氏の逮捕は、日本の公共放送局であるNHKニュースと朝日新聞社によるサイバーパトロール活動により彼の違法行為の証拠が暴かれた後に行われた。

警察の調べによると、山川容疑者は、生き物の色を変えたり、レアなモンスターを入手しやすくしたりするなど、顧客の要望に応えるため、特殊なツールを使用してゲームのセーブデータを改ざんした疑いが持たれている。 2022年12月から2023年3月まで、彼はこれらのカスタマイズされたポケモンを1匹あたり最大13,000円で販売し、時には改造モンスター6匹を4,000円で販売するなどの大量取引を提供した。 日本のウェブサイト「オートマトン」によると、山川容疑者は金銭的欲求を動機として罪を認めた。

この事件は日本に限ったものではありません。 2021年にも、『ポケットモンスター ソード・シールド』に関する同様の違法行為で別の人物が逮捕された。 株式会社ポケモンは、ゲームのセーブデータの取り扱いを厳しく管理しています。

被告人は懲役5年の可能性がある

山川氏が日本の不正競争防止法に違反した罪で有罪となれば、最高で懲役5年もしくは500万円を超える罰金、あるいはその両方の刑が言い渡される可能性がある。 今回の捜査では、山川容疑者の収入は数百万円単位で計算されていた可能性があることが示唆されている。

犯罪行為はポケモンの所有権に影響を与える

ポケモンシリーズは近年、大規模な強盗や東京の6階建てビルに登ってトレーディングカードを盗もうとする大胆な試みなど、さまざまな犯罪悪用の対象となっている。 さらに、このシリーズの絶大な人気は奇妙な出来事を引き起こし、モバイルゲーム「Pokémon Go」で仮想生物の追跡を優先したとしてロサンゼルスの警察官2名が解雇された。

READ  日本電信電話:日本初の国際ISO37106スマートシティ証明書(BSIカイトマーク証明書)の取得