1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カワサキは、2030年までに強力な水素発電で国内の炭素中和を目指す

東京(ロイター)-日本の川崎重工業は、100メガワット(メガワット)の水素燃料から生成された電力を使用して、2030年までに国内の工場やオフィスでカーボンニュートラルを達成することを目指しています。

同社は、液化水素運搬船、水素発電所、および燃料の世界的な流通チェーンを構成するその他の施設を開発することにより、水素を主要な成長ドライバーに変えることを目指しています。

カワサキは、2030年までに225,000トンの液化水素を海外から日本に輸送し、国内基地に電力を供給する予定の新しい水素発電所で45,000トンを使用することを目指しています。

同社は、省エネ技術と二酸化炭素の分離および回収技術を利用して、国内拠点での排出量を2021年の30万トンから削減し、2030年までに純ゼロに到達することを目指しています。

川崎重工業の橋本康彦社長は記者団やアナリストに対し、「水素を利用した炭素中和への道を皆に示すことが私たちの義務だ…これが可能で費用効果が高いことを証明したい」と語った。

同社は、オーストラリアから日本への最初の液化水素の委託である川崎が主導するオーストラリアの5億ドル(3億5800万ドル)のパイロットプロジェクトで、水素の価格を2030年までに170円から30円に引き下げる予定です。 、来年初め。

カワサキは、キャリア、発電設備、ライセンス料などの水素関連製品の売上高を、2030年までに3,000億円(26億ドル)、2050年までに2兆円に拡大することを目指しています。

「水素事業に協力するために、世界中から多くの問い合わせがあります」とハヒモト氏は語った。

カワサキとドイツのエネルギー会社RWEは、木曜日にドイツのリンカーンで工業規模の水素から電力への実証プロジェクトで協力することを計画しています。

($ 1 = 1.3963オーストラリアドル)

($ 1 = 113.5100円)

(大林組による報告、エレイン・ホートキャッスルによる編集)


ファイル写真:川崎重工業の共同ロボットが、2018年4月17日に日本の習志野にあるDelicious Cook&Co。の食品工場でおにぎりを積み上げます。 ロイター/花井徹

ファイル写真:川崎重工業の労働者
ファイル写真:2015年3月13日川崎重工業が弥富市に新設した製造工場で発見された労働者。 ロイター/ティム・ケリー

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  リコー、ヤンバー、マグヌマイトなどをフィーチャーした日本の新しいポケモン「ポケライト」マンホール