6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カンブリアモンスターの存在の証拠? 科学者たちは湖水地方の野生の羊から大きなネコ科動物の DNA を発見した

カンブリアモンスターの存在の証拠? 科学者たちは湖水地方の野生の羊から大きなネコ科動物の DNA を発見した



イギリスの田舎には大きな猫が徘徊しているという噂が昔からあった。

ぼやけた写真、大きく不可解な足跡、そして劇的な目撃証言が、その存在の謎を定期的に増大させています。

しかし科学者らは死んだ羊から見つかったDNAを家畜以外の大型ネコ科動物と照合した結果、ヒョウが湖一帯を徘徊している決定的な証拠を発見したと発表した。

ルーベン・アラビ教授は、羊の死骸から採取したサンプルを分析し、ヒョウのDNAを発見しました。つまり、それはライオン、ヒョウ、ヒョウ、ジャガー、またはユキヒョウから来たものに違いありません。

同氏は、トラの存在は英国本土にある可能性が最も高く、この刺激的な発見は、家畜以外の大型ネコ科動物が英国で徘徊していることを示す最初の科学的証拠であると述べた。

科学者らは、死んだ羊から見つかったDNAを家畜以外の大型ネコ科動物と照合した結果、ヒョウが湖水地方を徘徊している決定的な証拠を発見したと発表した(ストック画像)

英国における大型ネコ科動物の存在について常に「寛容」だったと述べた生物学者のアラビー教授は、検査の結果、カンブリア州の田舎に出没しているネコ科動物の存在に疑いの余地はないとBBCワイルドライフ誌に語った。

「それは私を改宗者にします」と彼は言いました。 「確率のバランスを考えると、これは本当に当たると思います。」

羊の死骸は10月にカンブリア州在住のシャロン・ラーキン・スノーデンによって未公開の高台で発見された。

それは死骸を食べていたものの邪魔をし、動物は石の壁に向かって走って消えた。

「何か黒いものが走っているのが見えたので、最初は牧羊犬だと思いました」と彼女は語った。 「その後、もう一度確認すると、それは石の壁に向かって走り、立ち止まって壁に飛び乗った。大きさはジャーマン・シェパードほどだった。」

ラーキン・スノーデンは遺体の綿棒を採取し、ビッグ・キャット・カンバセーションズの司会者であるリック・ミンターに送り、リック・ミンターはそれをアラビー教授に渡した。

彼はウォリック大学の研究室でサンプルを分析し、キツネとトラの両方の DNA を発見しました。 同氏は、その結果は羊がキツネやトラなどの大型のネコ科動物に食べられたことを示していると述べた。

Big Cats in CumbriaというFacebookグループが投稿した粗い画像は、南湖水地方のボウネス・オン・ウィンダミア周辺の田園地帯で目撃されたとされる他の目撃情報と一致する。

アラビ教授は、このサンプルには少量の大型ネコ科動物の DNA しか含まれておらず、偽物ではないと比較的確信していると述べ、「もしこれが偽物だった場合、検出すべき大量の DNA が存在すると予想される」と付け加えた。 。」 必ず見つけてください。

「どんなに器用に少数の分子を移植するのは非常に難しいでしょう。普通の人にはもちろん、私にはそれができないと思います。」

しかし、アラビ教授は、この大型ネコ科動物の正確な性別を判断するには十分なDNAがないと述べた。

同氏はまた、自身の発見に関する研究を発表したり、カンブリア州周辺を大型ネコ科動物が徘徊していると断定したりするには、より多くのサンプルが必要だと述べた。

しかし、オックスフォード大学の捕食者と被食者の研究者であるエギル・ドローゲ博士は、懐疑的だと述べた。

同氏はBBCに対し、「この地域では大きなネコ科動物の良い写真はなかったし、羊が屠殺されたという報告もなかった」と語った。 もっと説得力のある再現された証拠が見たいです。

「もし大きな猫がイギリス中を歩き回っていたら、羊の群れが殺されるのを目にするでしょう。野原のような限られた空間に大きな猫と羊がいると、たちまち多くの羊が死に至るでしょう。これは見逃せないでしょう。」

羊の死骸は、カンブリア州在住のシャロン・ラーキン・スノーデンによって10月に未公開の高地で発見された(ストック画像)

英国における大型ネコ科動物の主張は新しい現象ではない。 いわゆるボドミンモンスターは1970年代からコーンウォールの荒野に出没すると噂されており、2022年にグロスターシャー州の有刺鉄線で見つかった動物の毛のDNA検査では大型ネコ科動物の存在が示された。

20世紀初頭以来、カンブリア州では多くの目撃情報があった。

2015年、26歳のホテル従業員ニッチ・ボーデンさんは、コニストンとホークスヘッドの間のターン・ホーズ・ウッドを歩いているときに、大きな猫に襲われて倒れるのではないかという恐怖を地元新聞に語った。

30分後に目が覚めたときは襲撃の記憶はなかったが、打撲傷があり、左肩には5インチほどの深い切り傷があり、前腕には4本の爪痕のようなものがあったと主張した。

「全体が少し現実離れしていることは承知していますが、非常に漠然としており、可能性の範囲を超えているように思えます」とボーデン氏はウェストモーランド・ガゼットに語った。

READ  日本の「ムーン・スナイパー」が月目標まで55メートルに着陸