4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ガザでの日々の食料探し

ガザでの日々の食料探し

ガザの200万人の飢えた住民にとって、ほとんどの日は食べるものを探すのに苦労している。 アマニ・ムタイルさん(52)は、人々が食べ物を売ったり取引したりするガザ市北部の通りを徘徊している。 これでした シーンは続いていきます アル・サフタウィ通り 2週間前に。

さらに北のベイトラヒアにあるアシール・ムタイルさん(21)は、家族4人と離ればなれになったと語った。 スープ一杯 先週2回エイドキッチンから。 ある日、彼らはお茶しか飲んでいませんでした。

ニザール・ハマドさん(30)は、他の大人7人と子供4人とともにラファのテントで暮らしている。 彼らは2週間援助を受けていなかったので、ニザールはこれらのものを買うのに十分なお金を稼ぐために市場で2日間働いた 米袋 露天商から。

ガザでの戦争が6か月目に入り、飢餓と飢餓のリスクが高まっている シャープ、 による 国連。 援助団体は、栄養失調関連の原因による死亡はまだ始まったばかりだと警告している。

イスラエルの爆撃や包囲を含む戦争により、食料輸入が止まり、農業はほぼ破壊された 住民の皆様 ガザ人は食料を提供するためにわずかな人道援助に依存しています。 米国などは海や空で物資を届ける方法を模索している。

この問題は、援助がほとんど存在しない北部で特に懸念されている。 国連機関 ほとんどがぶら下がっている イスラエルによる護送船団の制限、安全上の問題、劣悪な道路状況を理由に、現地での支援活動を行っている。

ニューヨーク・タイムズは3家族に対し、過去数週間の採餌の写真やビデオを共有するよう求めた。 彼らは皆、食べ物を見つけるのがますます難しくなり、ほとんどの日は食べるかどうかも分からないと言いました。

1日1食

人道支援の輸送隊は北部のアシールさんとアマニさんの家に到着しておらず、捜索のための移動は危険すぎると判断した。 その代わりに、彼らはこのような非公式のストリートマーケットを調査するために早朝に出発します。

ガザ北部のほとんどの食料品店は被害を受けるか閉店しているため、出店者は食料やその他の品物を販売する非公式の露店を立ち上げている。

一部のベンダーは食料品店を経営し、残りの在庫を販売していました。 人道援助物資を購入して転売する人もいます。 平均するとわずか6個 商用トラック 12月初旬以来、食料やその他の物資のガザへの搬入が毎日許可されている。

アシール家が見つけた最も安価な食品の 1 つは、戦前は動物の飼料として使用されていた挽いた大麦でした。 コーンミールも時々入手できますが、高価です。

アシールさんの母親はこれらの材料を使って、手のひらサイズのパンを一個分作りました。 「それがどれほどひどい味なのか、言葉で説明することさえできません」とアシールさんは語った。

アシール一家は、午後になる前に食べ物を見つけた場合でも、よく眠れるように夕食の時間まで一人分の食事を食べます。

ある日、彼女の父親は露天商のテーブルの上にこの少量の米を見つけ、次の日には 5 時間かけて探した結果、この量の小麦粉を見つけました。 この発見で家族はお祭り気分になったが、物価の高騰で貯蓄が減ってしまった。

アシールさんの両親は戦前は失業していたが、母親がガンを患っていたため、社会福祉からある程度の援助を受けていた。

ある夜、アシールと両親、弟のモハメッドはキノコの缶詰を割ってご飯に加えた。 アシールさんは、それが鶏肉のような味だと自分に言い聞かせようとしたと語った。

その小麦粉を使って伝統的なピタパンを作り、ハイビスカスという野生の植物の葉から作ったスープと一緒に食べました。

アシール家は、他に食べるものが何もないとき、ハイビスカスの葉からスープを作って食べます。

先週、彼らは市場で幸運に恵まれなかった。 そこで月曜日、16歳のモハメドさんは近くの学校にあるチャリティーキッチン「タキヤ」の行列に2時間並んだ。 彼は家族のためにライススープの入ったボウルを家に持ち帰ったが、アシールさんは、物乞いとして見られるのが嫌だと彼女に言ったという。

アシールさんは家族の隠し場所からナツメヤシを5個食べ、インスタントコーヒーの最後の容器を一杯飲み、戦前の大学生としての生活を思い出した。

翌日、アシールさんの父と兄は何時間も立ち上がって物資を探した。 彼らはアシールの叔母を訪ね、しぶしぶ食べ物を求めました。 少量のレンズ豆をシェアしました。 彼らはその夜それを食べて、保存する予定だった日付を終えました。

翌日、彼らは再び市場をチェックすることができないほど衰弱しており、救援キッチンには食べ物がありませんでした。 代わりに、彼らはお茶を飲みました。

アシールさんの家族4人が2月28日から3月7日まで毎日食べたもの

水曜日 ハイビスカスの葉のスープ ボウル
木曜日 ハイビスカスの葉のスープ ボウル
金曜日 米とキノコ缶1缶
土曜日 ハイビスカスの葉のスープと白粉で作ったピタパンのボウル
日曜日 ハイビスカスの葉のスープ ボウル
月曜日 タキヤとナツメヤシの炊き込みご飯
火曜日 レンズ豆とデーツ
水曜日 お茶
木曜日 アルタキヤのにんじんスープ

アシールは、「人間はエネルギーだ、そして私のエネルギーは使い果たされた」と言いました。 「これ以上は我慢できない。」

アシールと同じように、アマニさんの家族も満腹感を得るためにお茶を飲みます。 以前は近くのモスクから水を汲んでいましたが、モスクが爆撃されて以来、ほぼ毎日通り過ぎるトラックから水を買っています。

アマニは廃材を使った火でお湯を沸かしてお茶を作ります。

3 人の息子とその妻を含む大人 7 人の家族は、水と鶏がらスープの素で作ったスープを食べて暮らしていました。

「何も考えられず、何をすればいいのかわからないときは、子どもたちに集中しますが、夜に子どもたちが食べ物がないと言ったときは特に困難です」とアマニさんは言います。

餌がたくさんある

ニザール大統領が滞在しているラファでは、北部よりも多くの援助物資が届けられた。 しかし、各家庭に提供される食料の量(数日ごとに小麦粉一袋や豆の缶詰数個)では十分ではないと同氏は語った。

過去 2 週間にわたり、ニザールさんの家族は何の援助も受けていません。 小麦粉は一袋だけ残っていた。

家族は貯金を頼りに露天商から食材を購入し、ニザールさんの母親は 1 回の食事を 12 人で分けて用意していました。

しかしニザールさんは、家族の状況は悪化していると語った。 同氏は、結婚式のために貯めていたお金が底をつき、街頭市場の価格は上昇し続けていると語った。

ニザール氏は土曜日、人道支援物資が転売されているラファ国境検問所近くの路面店の写真を撮影した。 「ここにあるものはすべて基本的に援助です」とニザール氏は言い、ほとんどの人は棚にある商品を買う余裕がないと付け加えた。

READ  ジョー・バイデン氏、英国訪問でチャールズ国王とリシ・スナック氏と会談

同氏は、必要以上に援助物資を持っているときに援助物資を売る人もいると説明した。 同氏は、救援団体や避難所とのつながりがない人々が支援を受けるのは難しいと付け加えた。

「これはうんざりするし、うんざりすることだ」とニザールさんは語った。

家族の大人たちは可能な限り、子供たちにもっと多くの食べ物を提供します。 2月下旬にニザールさんが撮影したこの写真に写っているホスピスにも子どもたちが訪れており、そこではスープやシリアルが届くまで何時間も待っている。

ラファの子供たちは、家族に食べ物を届けるために、このような慈善キッチンに鍋を運びます。

土曜日には、他に食べ物がなかったので、家族全員がホスピスから毎日の食事を食べました。

3 家族全員にとって、限られた食料を大勢の人に分けるのは困難です。 家族7人が他の23人とともにアパートに住んでいるアマニさんは、近隣地域の生活は混乱していると語った。

「人々はお互いを批判し始め、すべてを追跡し始め、情報が流出することを恐れて物事を隠そうとします」と彼女は言いました。 「夜中にこっそり抜け出して、誰にも気づかれないうちに全部食べてしまう人もいます。」

仮設キッチン

アマニの家では、朝、全員が交代で通りで燃やす薪を探します。 仕事は彼らを忙しくさせますが、それは疲れます。

彼らは壁が吹き飛ばされた部屋に火を放ち、外の破壊された建物を見ることができた。

アマニ一家は路上で見つけた木くずを燃やします。

戦前に校長を務めていたアマニ氏は、「私たちは薪と煙の時代に戻ってしまった」と語った。

アシールさんは5度の避難生活を経て、1月にベイトラヒアの自宅に戻った。 彼女の家族のアパートには電気が通っておらず、冷蔵庫とストーブは空です。 しかし、ガザの多くの人々とは異なり、彼女の家族は依然として市営水源から供給される給水タンクを利用できます。

現在、彼らは屋外で料理をし、廃材の火を起こして、飲料用と洗濯用のお茶と沸騰したお湯を準備しています。

「ここはオリーブの木が生い茂る私たちの庭で、家族全員が集まる場所でした」とアシールさんは語った。 「しかし、今ではすべてが洗い流されてしまいました。」