6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ガザにおけるイスラエルとハマスの戦争と停戦交渉:ライブ最新情報

ガザにおけるイスラエルとハマスの戦争と停戦交渉:ライブ最新情報

金曜日の国連総会は、パレスチナ人が国連の正加盟資格を有すると宣言する決議案を圧倒的多数で採択したが、これはパレスチナ人との世界的な連帯の高まりを反映する非常に象徴的な動きであり、イスラエルと米国への非難でもある。

この決議案は賛成143票、反対9票、棄権25票で承認された。 採決後、総会では大きな拍手が沸き起こりました。

しかし、この決定は、パレスチナ国家がすぐに国連の正式加盟国として認められ、受け入れられることを意味するものではない。 総会は安全保障理事会の承認があった場合にのみ正式加盟を認めることができ、歴史を参考にするなら、米国は4月に行ったように、そのような行動を拒否するために拒否権を発動することは避けられない。

総会の過半数は長年パレスチナ国家の樹立を支持してきたが、この決議は同総会が正加盟国問題について投票した初めてのことだった。 この決議は、憲章の規定に基づいて「パレスチナ国家は国連加盟の資格がある」と宣言し、安全保障理事会がこの問題を前向きな結果に向けて再考するよう勧告している。

この決議案は、現在の国連アラブグループ議長であるアラブ首長国連邦によって作成され、70か国が後援しました。 米国はハンガリー、アルゼンチン、パプアニューギニア、ミクロネシア、ナウルとともに反対票を投じた。

ムハンマド・アブ・シェハブUAE大使は演説の中で、「この会場にいる大多数の国は、パレスチナに関する記録の正当性とその大義の正当性を十分に認識しているが、今日それを抑圧し、無意味なものにしようとする激しい試みに直面している。 」 アラブグループを代表して決議案を提出。

この決定は主に象徴的なものだが、パレスチナ人に新たな外交特権を与えるものである。 パレスチナ人は現在、加盟国の中でアルファベット順に座ることができる。 彼らはパレスチナ問題に限定されることなく、あらゆるテーマについて総会で発言することができる。 彼らは提案や修正を行うことができます。 彼らは、総会やその他の国連機関が主催する国連会議や国際会議に参加することができます。

4月に米国がパレスチナ国家の正式加盟を認める安全保障理事会決議に対して拒否権を発動したことを受け、193カ国からなる総会はパレスチナ加盟国問題を議論した。 理事会メンバーの過半数がこの動きを支持したが、米国はパレスチナ国家の承認はイスラエルとパレスチナ人の交渉を通じて達成されなければならないと述べた。

米国に対する不満は、フランスのような同盟国を含む多くの国連高官や外交官の間で何か月もの間醸成されてきた。なぜなら、苦しみが増大しているにもかかわらず、米国が安全保障理事会の停戦決議を繰り返し阻止し、ガザでのハマスに対するイスラエルの戦争を強力に支持しているからだ。民間人。

紛争予防機関、国際危機グループの国連専門家リチャード・ゴーワン氏は、「米国は国連でまた悪い日を迎えることを諦めた」と述べた。 しかし同氏は、今回の決定は「パレスチナ人が国連加盟国であるかどうかをめぐる崩壊を引き起こすことなく、彼らに後押しを与えるものである」と付け加えた。

パレスチナ国連大使リヤド・マンスールは投票前に総会で、パレスチナ人の国連正式加盟権と国家樹立の権利は「交渉の対象ではなく、むしろパレスチナ人としての我々の固有の権利である」と語った。 」 同氏は、パレスチナ国家樹立に反対する投票は二国家解決策に反対する投票であると付け加えた。

国連を声高に批判するイスラエルのギラド・エルダン国連大使は、パレスチナ国家への投票はその真っ只中に「テロ状態」を招き、ユダヤ人民間人を殺害した「テロリスト」に利権を与えることになると述べ、加盟国に支持を呼び掛けた。これ。 それは「ユダヤ人嫌い」です。

ロバート・Aはこう言いました。 米国のウッド国連大使は、米国は持続可能な平和を達成する唯一の手段として二国家解決を支持しているが、「国連や現地での一方的な行動では成果は得られないという米国の見解が変わらない」と述べた。進歩するために。」 「これが目標です。」

ウッド氏は、もし議会がこの問題を理事会に差し戻せば、米国がその動きを阻止するという同じ結果を再び招くだろうと述べた。

国連は現在、パレスチナ人を非加盟オブザーバー国として認めており、この地位は2012年の総会によって付与されたものである。彼らには総会決議に投票したり、国連機関の候補者を指名したりする権利はない。

米国の緊密な同盟国であり、安全保障理事会の5つの常任理事国のうちの1つであるフランスは、安保理の投票かどうかにかかわらず、国連における米国の立場から独立した国家を樹立しようとするパレスチナの取り組みを支持してきた。総会。 フランスのニコラ・ド・リヴィエール駐国連大使は金曜日の演説で、「国連が二国家解決に基づいてイスラエル・パレスチナ紛争の解決を目指して動く時が来た」と述べた。 。

講演者のリストが長いため月曜日まで続くと予想されていた議会セッションでは、演技的なドラマの瞬間がなかったわけではない。

イスラエル大使のエルダン氏は、10月7日のイスラエル攻撃の首謀者とされるハマスの軍事指導者ヤヒヤ・シンワルの写真を掲げ、当時は透明な切断機で「大統領」という文字が書かれた写真を挿入した。中には紙が入っています。 彼女は、加盟国が「国連憲章を引き裂いている」と述べた。

パレスチナ大使のマンスール氏は演説の最後に、目に見えて涙をこらえながら拳を空に突き上げ、「パレスチナを解放せよ」と述べた。 集会では拍手が沸き起こった。

READ  英国:ロシアは軍隊を分裂させるリスクがある - DW - 2023/09/02