6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

キャロライン・ウォズニアッキは全米オープンでペトラ・クビトバに大勝し、おとぎ話のようなカムバックを続ける

キャロライン・ウォズニアッキは全米オープンでペトラ・クビトバに大勝し、おとぎ話のようなカムバックを続ける



CNN

キャロライン・ウォズニアッキ 彼女は今年のトーナメントで大勝利を収め、テニスの世界への印象的なカムバックを続けた 全米オープン

元世界ランク1位の彼女は水曜日、世界11位のペトラ・クビトバを7-5、7-6のストレートで破り、トップ20選手に対する約5年ぶりの勝利となった。

ウォズニアッキは3年以上も競技テニスから離れていた 戻る前に 勤務してから 1 か月以内です。

デンマークのスターは休暇中に2人の子供を出産したが、伝説的なダブルスイベントに出場したり、テレビアナリストとして働いたりするなど、常にスポーツに親しんできた。

今年の6月に彼女は復帰する意向を発表し、それ以来振り返ることはなかった。

彼女はフラッシング・メドウズでの1回戦を軽々とこなし、グランドスラム2度優勝のクビトバ相手に再び絶好調だった。

勝利後、ニューヨークでファンタジーレースが続く中、ウォズニアッキが椅子に座って喜びの涙を拭う姿が見られた。

「もちろん、勝つチャンスがあることは試合前から分かっていたし、自分を信じている。同時に、明らかに彼女は素晴らしい一年を過ごした」とウォズニアッキは試合後語った。 プロテニス選手協会

「彼女は世界で11歳で、ハードコートでプレーするのが大好きです。とても厳しい試合になるだろうと分かっていたので、ベストを尽くさなければなりませんでした。

「アーサー・アッシュ・スタジアムでプレーする機会を得られてとてもうれしい」と彼女は後に記者団に語った、「3年前に言わせれば、アメリカのあのコートで再びプレーすることになるとは思わなかった」特に夜間練習ではオープンに。」

「試合に出て、あのような試合に勝つのは信じられない気分だ。」

ウォズニアッキは2020年に引退するまで、2018年の全豪オープンを含むシングルスで30のタイトルを獲得した。

トップ20選手に対する彼女の最後の勝利は2018年のクビトバ戦だった。

2009年と2014年の全米オープン優勝者で準優勝したウォズニアッキ(33歳)は次のラウンドでジェニファー・ブレイディ(アメリカ)と対戦する。

READ  ブラウンからのベイカーメイフィールドの最新の商談、デショーンワトソンの取引