7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ギリシャの船「チューター」はフーシ派のミサイル攻撃から1週間後に沈没したと考えられている配送ニュース

ギリシャの船「チューター」はフーシ派のミサイル攻撃から1週間後に沈没したと考えられている配送ニュース

石炭タンカーは6月12日、フーシ派のミサイル攻撃を受けて火災が発生し、乗組員が放棄した。

ギリシャ所有の石炭タンカー「チューター号」は、イエメンでフーシ派の攻撃を受けて1週間後、紅海で沈没したと伝えられている。

重要な水路で船主と軍のために商船の監視と追跡を行っている英国海事貿易業務局(UKMTO)は火曜日の最新情報で、船の最後に知られている位置の周囲で破片と油が確認されたと発表した。

UKMTOは「本船は北緯14度19分東経041度14分の位置で沈没したと考えられる」と述べ、他の船舶に対しその海域で注意を払うよう勧告した。

UKMTO、フーシ派、その他の情報源からの以前の報告によると、チューターは6月12日、紅海のホデイダ港沖でミサイルと爆発物を積んだ遠隔操作ボートの攻撃を受け、着水中だった。

乗組員1名は攻撃当時機関室にいたとみられ、行方不明となっている。

確認されれば、タイター号は、4万1000トン以上の肥料を積んでいた英国所有のルビマール号がフーシ派のミサイル攻撃から約2週間後の3月2日に沈没したのに続き、フーシ派によって沈没された2隻目となる。

フーシ派は2014年にサヌアから国際的に認められたイエメン政府を追放した後、サウジ主導の連合軍と戦争状態にある。 イスラエルとの関係が疑われる船舶を攻撃 2023年11月から紅海とアデン湾で実施。彼らは、この措置は少なくとも3万7372人が死亡したイスラエルによるガザ戦争をめぐりパレスチナ人と連帯するものだと主張している。

先週。 フーシ派はまた、鐘を積んでマレーシアからイタリアに向かう途中、ウクライナ所有、ポーランド運航、パラオ船籍のバーベナ号にも深刻な損傷を与えた。

バーベナ号の乗組員は、攻撃によって引き起こされた火災を抑えることができず船を放棄し、現在アデン湾を漂流しているため、沈没やさらなる攻撃の危険にさらされている。

11月以降、フーシ派は別の船も拿捕し、別々の攻撃で商船員3人を殺害した。

船主らが船の航路をスエズ運河からアフリカ南端を巡る長い航路に変更し、航行距離が最大3,500海里(6,500キロ)増加したため、この攻撃により世界貿易が混乱した。

READ  中国、ミャンマーに戦闘中の国境安定への協力を要請 | 紛争ニュース