6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ギリシャ総選挙:中道右派ミツォタキス氏が大勝利を称賛するも過半数を望んでいる

ギリシャ総選挙:中道右派ミツォタキス氏が大勝利を称賛するも過半数を望んでいる

  • アテネではニック・ベック、ロンドンではポール・カービー著
  • BBCのニュース

画像ソース、 アレス・メシーネス/AFP

写真のキャプション、

キリアコス・ミツォタキス氏は、他党の参加なしに統治したいと明言した

ギリシャの保守派首相キリアコス・ミツォタキスは国政選挙に勝利し、党の大勝利を「政治的地殻変動」と称賛した。

中道右派の新民主主義党は得票率41%近くを獲得し、過半数に5議席足りなかった。

同党の支持率がわずか20%という低調な結果が予想されていた中、同氏は中道左派のライバル、アレクシス・チプラス氏から祝意を表された。

ミツォタキス氏は、この結果はギリシャ人が同党に4年間の政権の委任を与えていることを示していると述べた。

同氏は勝利演説で「国民は多数派政府が運営するギリシャと、他者の助けのない新たな民主主義を選択したいと考えている」と述べた。

その数時間前、世論調査で新民主主義党の予想外の勝利が示され、アテネでは党支持者らが歓声を上げていた。 結果が出るにつれて、選挙前の世論調査が二大政党間の20ポイントの差を過小評価していたことは明らかだった。

首相の発言は、他党と政権を分け合うつもりはなく、むしろ勝った政党が追加議席を獲得する6月下旬の第2回投票に臨む意向を示していると受け止められた。

この選挙の他の大きな勝者には、得票率約12%を獲得すると予想されていたSYRIZAの社会主義ライバルであるPASOKも含まれていた。 そのため、ミツォタキス氏が連立交渉に参加することを決めた場合、同氏はキングメーカーとなる可能性がある。

同氏の党は過去4年間ギリシャを統治しており、昨年の同国の成長率が6%近くだったことを自慢できる。

国家に対する彼の計画は、ギリシャ経済を前進させ、最近の成長を押し上げるのに信頼できるのは彼だけだというものだった。 ギリシャ人は予想以上に前向きな反応を示したようだ。

ジョルゴス・アダモプロスさん(47)は、アテネのアクロポリスからわずか数百メートルのところで新民主主義に投票した。

同氏はBBCに対し、ギリシャはより良い政治形態に値するが、4年間首相を務めたミツォタキス氏の実績に感銘を受けたため同氏を支持すると語った。

4年前には、投票率41%を獲得すれば、定数300のギリシャ議会で過半数を確保するのに十分だった。

現在は45%以上が必要となる。これは、勝者には第1ラウンドで50議席ボーナスを受け取る資格がなくなり、第2ラウンドの可能性が高くなっているためだ。

ミツォタキス氏は第2回投票で勝利した場合に得られる追加議席に注目する。 絶対多数が得れば、彼は自分が選んだ政府で4年間の権力を握ることになる。

ミツォタキス氏がPASOKとの同盟を避けたがる理由の1つは、社会主義指導者ニコス・アンドロラキス氏が昨年盗聴スキャンダルの標的となったことだ。

これにより、首相首席補佐官およびギリシャ情報長官を務めていたミツォタキス氏の甥の辞任につながった。

アンドロラキス氏は、首相は自分が違法スパイウェアの標的となった数十人の一人であることを知っていたと考えている。

選挙戦は2月に学生を含む57人の命を奪った鉄道事故の影響で影が薄くなった。

野党は今回の惨事が、長年の経済危機と投資不足の末に骨の髄まで落ち込んだ機能不全国家の症状であると強調している。

初めて有権者となったクリサンテさんとヴァゲリスさん(ともに18)は、彼らの世代が「何か新しいもの、何か違うもの」を求めていたため、シリザに投票した。

「誰もが二度目のチャンスを受けるに値すると思う。 [Tsipras] 「私たちにはあと4年しか残されていなかった」とクリサンティは語った。

READ  ロシア、ウクライナが捕虜65人を乗せた航空機を撃墜したと非難ロシア・ウクライナ戦争のニュース