9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

クランチタイム:日本の「奇跡」スナックは、数十年後に最初の値上げを取得します

東京、1月26日(ロイター)-日本のうまい棒コーンパフのメーカーは、そのクランチと10円の値札で何十年も愛されてきた「奇跡」スナックのファンに衝撃を与えて、初めて値上げをしました。

関係者によると、東京に本拠を置くヤオキン社は、コストの上昇により、うまい棒の価格を4月から1個あたり2円(0.02ドル)引き上げて12円にした。 1979年に「おいしいスティック」を意味するおやつが発売されて以来、初めての増加です。

また、日本は何十年にもわたるデフレの後でも、商品や輸送費の高騰の影響を受けないということを忘れないでください。 欧米では物価が高騰しているものの、日本企業はこれまで、コストに敏感な顧客を失うことを恐れて、全面的に値上げすることを躊躇してきました。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

「うまい棒は長い間同じ価格だったので、2円の値上げは大したことだ」と59歳の主婦の江田典子氏はロイターに語った。 “私はびっくりしました。”

チーズパフに似ていますが、円筒形のうまい棒は、チーズから味付けしたタラの卵まで、15種類のフレーバーがあり、クリーミーなコーンスープがベストセラーです。

年間約7億本のカリカリスティックがパックと個別の両方で販売されています。 低価格は何年もの間子供たちの手当の範囲内にシングルスティックを保ちました、そして多くの日本人にとって、スナックは子供時代または近所の菓子屋の思い出を呼び起こします。

51歳の主婦、保坂直美さんは、「安いおやつ、子供が買えるおやつにも影響が出ているのは少し悲しい」と語った。

日本の人気コーンスナック「うまい棒」のチーズ風味バージョンのパックが、2022年1月25日に東京の菓子卸売業者で展示されています。REUTERS/友重晃

原材料費の高騰に加えて、円安が輸入コストを押し上げるため、日本企業も圧迫されています。 食品メーカーは、価格を完全に引き上げるのではなく、パッケージを縮小することで反応することがよくあります。これは「シュリンクフレーション「-ヤオキンが2007年にうまい棒で最後にしたこと。

東京のスナックショップ川原商店で何十年もスナックの購入を担当している根本武氏は、他のメーカーはより高い価格でそれに追随しなければならないかもしれないと言いました。

「私たちにできることは何もない」と彼は増加について語った。 「メーカーの観点から、彼らは価格を上げない限り、もはや利益を維持することはできません。」

経済学に関係なく、うまい棒のファンの中には、この変化を時代の終わりと見なした人もいました。

ロックミュージシャンの大澤敦氏はツイッターで「歴史の転換点を目の当たりにしている」と語った。 彼のバンド、打首獄門同門会は、うまい棒の「奇跡の価格」についての歌詞を含む2010年の曲でおやつに敬意を表した。

「価格は歌詞から逸脱し始めた」と彼は言った。

($ 1 = 113.8800円)

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

小宮寛太郎と友重晃による報告。 DavidDolanとTomHogueによる編集

私たちの基準: トムソンロイターの信頼の原則。

READ  スタジオジブリのテーマパークが11月1日に日本でオープン