4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

グランツーリスモ – 日本の新しいプライベート サーキット – GTB プラネットから飛び出したような外観

グランツーリスモ – 日本の新しいプライベート サーキット – GTB プラネットから飛び出したような外観

アジア初のプライベート競馬場リゾートであるマハリカワ クラブが営業を開始しており、まるでグランツーリスモのタイトルから復活したかのようです。

クラブ マハリカワは、東京から 1 時間、千葉県南房総の丘陵地帯に建てられた、自動車をテーマにした高級レジャー施設です。 目玉はレース トラックで、有名なサーキット デザイナーのディルケ エンジニア & アーキテクツによるものであると知ると驚くかもしれません。

全長 2.22 マイル (3.57 km) で、22 か所のコーナーが詰まっています。 これらの数字は少し忙しいように思えるかもしれませんが、875 ヤード (800 m) のストレートは、もう少し蛇行しているため、ほぼ同じ長さです。

コースは街の上にある海抜約 1,000 フィートの山々に切り込まれており、高低差が多くあります。 最も急な登りは 19.4% で、5 分の 1 にわずかに届きません。その後、14.7% まで急激に下がり、合計 800 フィート (250 m) の下り坂と上り坂があります。 フルデジタルのセーフティフラッグシステムと内部ピットレーンを備えています。

土砂崩れで知られる丘陵地帯にメダコーポレーションが建設工事を行い、延べ3年をかけてサーキットを建設した。 かつて実現可能性調査を作成したのと同じ会社であるため、その名前はグランツーリスモファンにとってピンとくるかもしれません。 現実世界にグランド バレー スピードウェイを作成するファンタジーマーケティング部門を通じて!

トラックへのアクセスと専任のインストラクターによるマンツーマンのコーチングは厳密に会員限定です。 彼らは年会費3600万円(24万ドル)と22万円(1500ドル)でサーキットに行くことができる。

もちろん、一晩滞在するための 25 の特別な「パドック」と、オーナーの車のための 4 つの駐車スペースを備えた上級メンバーシップもあります。 これらは温度調節が可能で、施設のオンサイト整備士による保守点検が行われます。

最初の所有者の中には、クラブハウスへのアクセスも付いているこれらの専用エリアに最大8億円(540万ドル)で入札した人もいると伝えられている。 クラブハウスには25mのインフィニティプール、天然温泉、バー、ジム、カラオケルーム、ファミリーラウンジが備わり、ダイニングエリアからは東京湾を一望し、112マイル離れた富士山の景色を眺めることができます。

すべてを考慮すると、ここはいつかグランツーリスモに来ることが想像できる場所です。 さらに言うと、来る 2024 年シーズンに GT ワールド ツアー イベントを開催するには最適な場所となるでしょう…

READ  アジアフェンシング選手権で日本が金2個獲得-新華社