11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

グリフィンは日本を過ぎてアイルランドの端の高さで署名した

14歳のアイルランドがRDSで日本を15-12で下したとき、シエラグリフィンは最終的な姿で2回のトライを記録しました。

アイルランドのキャプテンは今週初めに彼のサプライズ引退を発表しました、そして彼のすべてのアクション満載のパフォーマンスは27歳がどれだけ逃すかを示すのを助けただけです。

日本はブレークで12-5をリードし、後半のグリフィンのブレースはアイルランドをラインに乗せるのに十分でしたが、彼らは緊張した終わりを維持しなければなりませんでした。

ハンナ・オコナーは27分にレッドカードで退場となり、14に減った。すべてのアイルランドのリザーブと決意が勝利をクリアすることを要求した。

アイルランドが2021年の引き分けに向かうため、ヘッドコーチのアダム・クリックが決勝を担当した貧弱な勝利は、切望されていた後押しでした。

ベイビン・パーソンズ、ステイシー・フラッド、アミー・リー・マーフィー・クロウ、イブ・ヒギンズの4人の常連から、明日ドバイに向けてセブンスに向けて出発するグリッグスは、最後に米国を20-10で破ったチームに合計8つの変更を加えました。週末。

今年の第4回ホームテストでプレーすることは、特にそれらの主要なプレーヤーとパーソンがいない場合、特にライブTVスロットを考えると、チームの可能性を披露する機会を逃したようです。

「私たちはそれを簡単にしませんでした、それは確かです」とグリフィンは試合後にRTÉSportに語った。

「幸い、後半に出て修正しました。」

国歌中の大雨は物事を助けませんでしたが、一般的にワールドカップの出場権を獲得したアジアのチームはギリシャのボールをよりうまく処理しました。

エンヤ・ブリーンは、最初のスタートで、後半に、日本のチェイサーがキッカーの前に行ったとき、6分にペナルティを課しました。

ホストは第1四半期に優れた領土と所有権を享受し、日本人を2回のスクラムペナルティで押し戻しましたが、彼らはそれを利用することができませんでした。

ラインアウトでアイルランドのチームと対峙することを警戒していたサクラXVは、すぐにペナルティをタップし、オープニングトライを取得する前にアイルランドの砦を2回破壊しました。

中途半端なラインアウトに続き、日本は小林可奈子がミスした中盤にボールを送り込んだ。

センターでは、レア・アノクとマナ・フルーダがサポートを行い、アイルランド人のカバーが十分ではありませんでした。

27分、レスリー・ケッケンジーの側がトスに勝ち、フィールドに選出されました。

審判のクララ・ムナリーニは彼女のTMOに相談しましたが、メッセージは明確でした-「何の制約もなく直接介入すること」-そしてブラックロック大学は彼女の行進命令を前に受け取りました。

10分後、日本は再びソフトセンターを突破し、アイルランドにとっては悪かった。結局、大塚綾佐が回心した試みで中国側を下に打った。

AoifeDoyleとLaurenDelanyの組み合わせは、ionodragonでの特定の試みを断りました。

初期のプレッシャーは、グリフィン・オツカの許可を得てアイルランドの最初の試みを阻止し、コーナーへのタッチダウンに続いた。

ケリーの女性は、2週間前にアビバで行われたジョニー・セクストンの日本に対する祝賀会を彷彿とさせるシーンで、チームメートにすぐに襲われました。

ミュンスターの女性が55分に2回目の試みを破ったとき、それはすぐにうまくいきました。

LindaDjokongとChenNoubouの強い流れがアイルランドを安定させ、Griffinに優雅なプレーを与えました。

最初に、ULボヘミアンのプレーヤーがボールに接触し、22ラン以内にハードヤードを作り、数分後にポストの下で最後のタッチを使用しました。

ブリーンはアイルランドの15-12リードに切り替え、ディラニだけがすぐにIofDoyleを解任しようとしました。

一方、コノートのシャノン・トゥヘイは、アイルランドが後半に日本人からのプレッシャーに直面したため、41試合後にグリフィンを勝利のノートで送った。

アイルランド: ローレン・デラニー; Aoife Doyle、Eimear Considine、Sene Naoupu、Laura Sheehan; エンヤ・ブリーン、キャサリン・デイン; ローラフィラデルフィア、ニュージョーンズ、リンダジョコン; イーファ・マクダーモット、サム・モナガン; シアラ・グリフィン(キャプテン)、エデル・マクマホン、ハンナ・オコナー。

代替案:Cleotna Moloney、Katie O’Dwyer、Mary Healy、Anna Caplis、May Oak O’Leary、Alyssa Hughes、Shannon Doe、Ella Roberts

日本: アノクリヤ; 日野名倉、古田真奈、小林カナコ、小町今木; 大塚綾佐、Mo Sukui; 加藤幸子(キャプテン)、永田仁二穂、ラベマイ誠。 Kee Tamai、Otoka Yoshimura; 齋藤聖奈、永井美崎。

代替案: 日向小巻、小鍛冶あゆむ、木野和子、南早紀、永田いろは、イドユキ、すし処めくみ、山本みのり。

審判: クララムナリーニ(ITA)

READ  石油がインフレ神経を刺激していたため、株価は失速した