11月 27, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

コロナウイルスを搭載した海兵隊の民間航空機がハイジャックされた後、日本は米軍に苦情を申し立てた

2019年3月9日、東京東部の成田国際空港のゲート付近に民間航空機が駐機しました。 (アーロンキッド/星条旗)

沖縄のキャンプフォスター発-コロナウイルスに感染した海兵隊員が隔離規則に違反して東京から沖縄への商用飛行を行った後、日本政府は今月初めに米軍に苦情を申し立てた。

松野博康事務局長は記者会見で、「米軍に対し、日本の国境作戦を追跡し、再発を防止するよう要請する」と述べた。

マリーンは20代でキャンプフォスターに配属され、10月30日に東京東部の成田国際空港に到着した。沖縄州保健医療局のスポークスマンは水曜日にスターズアンドストライプスに語った。 空港のスクリーニングステーションで、彼はコロナウイルス呼吸器疾患COVID-19の検査で陽性でした。

海兵隊員は、東京西部にあるアメリカの空輸センターである横田飛行場で隔離されることになっていたが、代わりに翌日、商用飛行で沖縄に飛んだ、とスポークスマンは言った。 水曜日の時点で、飛行機の乗客はウイルスに感染していませんでした。

「彼は公共交通機関に乗るべきではなかった」とスポークスマンは匿名を条件に言った。 「これは二度と起こらないはずです。」

海兵隊は11月1日、海兵隊が前日に沖縄に旅行し、到着時に陽性の検査を受けたと州当局に語った。 海兵隊員はワクチン接種を受けており、無症候性であると言われています。

日本の当局者は、海兵隊員が在日米軍本部の横田に孤立していると思ったことに驚いたとスポークスマンは述べた。 成田の海軍は、横田に配属されたと誤って発表した。

「これが間違いかどうかはわからない」と公衆衛生のスポークスマンは述べた。 「だからこそ、私たちは日本政府にこれがどのように起こったのかを調べるように頼んだのです。」

在日米軍は水曜日にコメントの要請に応じなかった。 III海兵遠征軍は、コメントの要求に応じなかった海兵隊基地太平洋に星と線を推薦しました。

スポークスマンは、横田は成田での陽性試験部隊契約の条件の下で日本に入る人員のために指定された唯一の孤立した場所であると言いました。 成田の職員が横田から誰かを連れて海軍を孤立させると「推測」された。

USFJは事件の直後に日本の外務省に連絡し、同省のSOFA部門のスポークスマンは水曜日にスターズアンドストライプスに「米軍はこれが再び起こらないように日本に呼びかけた」と語った。

公衆衛生のスポークスマンは、州の公衆衛生部門が海兵隊の近くに座っている27人の乗客を特定したと述べた。

公衆衛生のスポークスマンは、州当局が11月10日に外務省に手紙を送ったと述べた。 その中で、彼らは事件がどのように起こったかについての正式な調査を求め、空港の隔離で米軍を含むコビット陽性の患者を隔離するよう東京に訴えた。

日本政府は、在日米軍に対し、「再発防止のための効果的な措置を講じる」こと、空港の検査に協力すること、および陽性症例の隔離を「確認する」ことを求めている。

米軍は、日本のコロナウイルス規制に違反したSOFAの下での米国の旅行者に対する日本間の2番目の粉塵です。

2020年7月、 東京の羽田国際空港から金木尾空港への商用便に4人家族が搭乗 岩国海兵隊空港へ向かう途中。 その後の羽田での検査で、3人の家族がコロナに感染していることが明らかになりました。 家族は日本を去り、10年間米軍施設から追放された。

比嘉まり



ツイッター


Eメール

マシューM。 バーク



ツイッター


Eメール

READ  日本のSkylarkが非接触食品のロボットウェイターをリリース