2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

コンピュータのアンチウイルスの仕組み

ウイルスは、コンピュータ上の他のアプリケーションとほぼ同じように動作します。重要な違いは、プログラムの目的と、そのソフトウェアが何を実行するために書かれているかということです。ウイルスは、コンピュータやモバイル機器のデータを損傷、収集、消去、盗聴、押収、破壊するように設計されており、多くの場合、一度にすべてを行うことができます。特に、お金を扱うオンラインプラットフォーム、オンラインショッピング、銀行、アイスカジノのようなカジノサイトでは、重要です。

  • コンピュータの感染症を本当に理解したいのなら、何を見るべきかを知ることが役立ちます。ウイルスは、このような様々な症状を引き起こします。
  • コンピュータの速度が遅くなります。
  • エラーコードは不定期に表示されます。
  • 広告や警告など、好ましくない内容がポップアップウィンドウで表示されます。
  • 重要なファイルやシステム自体のパスワードロックアウト ブラウザのページが、訪れたことのないウェブサイトに迂回する 重要なファイルやシステム自体のパスワードロックアウト
  • ネットワークの速度が遅れています。

アンチウイルスとは

ウイルス対策ソフトは、ウイルスやワーム、トロイの木馬、アドウェアなどの危険なソフトウェアを検出し、駆除するものです。アンチウイルスは、コンピュータに脅威が侵入して困難になるのを防ぐために、サイバーセキュリティのために使用されます。

ウイルスがコンピュータに侵入すると、致命的な結果になることがあります。 ウイルスは、デバイスをクラッシュさせたり、アカウントを監視したり、カメラを通してあなたを監視するなど、さまざまな有害な動作を引き起こす可能性があります。 さらに、ハッカーはウィルスを使って、アカウントのログイン名や財務データなど、お客様の個人情報を盗む可能性もあります。このような情報は、その後、なりすましやフィッシング詐欺などの犯罪に利用される可能性があります。 このため、ネットワークセキュリティはこれまで以上に重要であり、アイスカジノなど、多くのオンラインプラットフォームは、ユーザーのセキュリティに対する潜在的なリスクを回避するために暗号化を統合しています。

アンチウイルスの注意点

  • 既知のマルウェアサンプルで、その作者の大規模な知識セットやボキャブラリーと相互参照されます。
  • 疑わしい行動パターン:もしあなたのデータやファイルが人間以外によって操作されているようであれば、アンチウィルスはその理由を探ります。
  • 受信したデータ、メッセージ、インストールなど。ウイルス対策ソフトで徹底的にチェックしない限り、コンピューターに何も入ってこないはずです。
  • ウイルス対策ソフトは、脅威を検知すると、通常、警告を発して有害なソフトを削除します。

その仕組みは?

アンチウイルスがコンピュータを保護するために利用する、さまざまなタイプのウイルス検出を以下に示します。

ヒューリスティックに基づいた検出

最も普及しているのはヒューリスティックベースの検知で、既知のウイルスのシグネチャと脅威となりうるものをアルゴリズムで比較します。ヒューリスティックベースの検出は、まだ同定されていないウイルスを検出することが可能ですまた、自然な状態に戻される前に、改変や偽装されたウイルスも検出することができます。新種のウイルスを検出する方法として最もよく知られています。しかし、誤検出の可能性があります。つまり、ウイルス対策スキャナーは、汚染されていないファイルを汚染されていると表示することがあります。このような「誤検出」はまれではありますが、実際に起こります。

行動ベースの検出

ウイルスが上記の検出を突破した場合、ウイルス対策ソフトはコンピュータのアプリケーションの挙動を調べます。アプリケーションの動作がおかしい場合、アンチウイルスソフトは警告を出すことがあります。警告を発する可能性のある活動や動作の種類は以下の通りです。

  • 他のプログラムの設定が変更されてしまうことです。
  • 大量のファイルを変更したり、削除したりすることです。
  • キーストロークは追跡されることです。

行動ベースの検出は、データを盗んだり、ログに残そうとするウイルスやその他のマルウェアを発見するのに有効な方法です。しかし、最近の多くのアプリは、ネット上の不正行為を防止するために、インターネットサーバーへの報告やキーストロークのログ取得を義務付けており、このような検出方法では、誤解を招くようなアラートが表示される可能性があります。

シグネチャやウイルス辞書を利用したウイルス検出機能

ウイルス分析ファイル、データベース、または辞書は、すべてのアンチウイルス・スキャナーに含まれており、数千もの既知のウイルスのシグネチャを含んでいます。 これらのシグネチャは、アンチウイルスアプリケーションが、セキュリティ専門家がすでに研究した感染を認識するのに役立ちます。 現在、世界には10万を超えるウイルスのシグネチャが存在し、比較される可能性があります。 シグネチャベースの検出は、誤警告を発生させずに検出できる最良の形態であり、過去の判明している感染を回避するための実用的なアプローチです。一方、シグネチャーベースの検出では、定義ファイルが新しいウイルスデータで更新されるまで、新しい感染を識別することができません。

サンドボックスの検出

アンチウイルスアプリケーションの中には、プログラムが疑わしい場合、サンドボックス検出を利用することができます。これは、プログラムの実行にエミュレートされた環境を提供し、その動作を調査するものです。模倣された環境において、ソフトウェアが有害または異常な動作を行うように見える場合、アンチウイルスは起動前にユーザーに警告を発します。

クラウドにおけるアンチウイルス検出

クラウド型アンチウイルス検出は、コンピュータのアプリケーションを使用してデータを収集し、そのデータをクラウドサーバーにアップロードして処理する仕組みになっています。サーバー上で全ての検出を行うため、お客様のPCは追加処理から解放されます。クラウドアンチウイルスのご利用にはインターネット接続環境が必要です。

フルシステムスキャン

最後に、フルシステムスキャンは、しばしば個別ファイルスキャンと呼ばれ、すべてのコンピュータファイルをスキャンするための手動手順です。完全なシステムスキャンを行うには、アンチウイルスアプリケーションを起動し、完全なシステムスキャンのオプションを選択するか、ファイルを右クリックして、それをスキャンするオプションを選択します。

変更を積極的にチェックするアンチウイルスがコンピュータで実行されている場合、完全なスキャンを行う必要はないはずです。しかし、コンピュータの動作がおかしい場合や、最近新しいアンチウイルス・スキャナーをインストールした場合は、完全なスキャンを実行することをお勧めです。完全なシステムスキャンは、ほぼすべてのファイルを調査します。そのため、終了までに長い時間がかかることがあります。

READ  ブラック フライデーの Best Buy で LG C2 OLED TV を 400 ドル節約