2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シティ幹部、セクハラで銀行を提訴

シティ幹部、セクハラで銀行を提訴

銀行は2019年にリンゼイさんに関係するものも含め、シンさんの個人金融取引の一部を調査する際に、リンゼイさんに二人の関係について尋ねた。 シティは両社による財務上の不正行為を規制当局に報告していなかった。 シティの広報担当コスティリオ氏によると、リンゼーさんは当時、二人はただの友人だったと語ったという。

リンジーさんは訴訟の中で、シン氏が職場での彼女の生活を支配していたと主張した。 訴状によると、シンさんはリンジーさんを、たまたま上司でもあった教師と話したことを叱責したという。 市の捜査官がマネージングディレクターのモランさんから提起されたセクハラの懸念を調査した際、シンさんはリンゼーさんに協力しないよう指示したとリンゼーさんはタイムズ紙に語った。

訴状によると、2022年11月6日、リンゼイさんがシン氏に関係を終わらせると告げた後、シン氏はシティの上司に話すと脅し始めた。

タイムズ紙が確認したテキストメッセージの中でシン氏は「あなたにとってはもう終わりだ」と述べ、他の取締役との関係について詳細を共有すると発表した。 「被害は出ています。」

シン氏が上司に何を話したかは明らかではない。 しかし訴状によると、リンゼーさんは4日間でシン氏から数十回のテキストメッセージや電話を受け取った後、11月10日に上級管理職らにこの関係を伝え、人事部に報告書を提出したという。

11月15日、シン氏は銀行を辞任した。 リンゼーさんの訴状によると、シン氏の上司でシティバンクの米州株式営業責任者ティム・ゲイトリー氏は従業員に対し、シン氏が「個人的および家族の理由」で辞任したと語ったという。 さらに「我々全員が彼の退団を残念に思うが、それは彼の決断だったので、彼の成功を祈っている」と付け加えた。

READ  BTCの価格が42,000ドルを下回ったため、ビットコインは2月初旬以来最高の週次終値を示しています