5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シドニー襲撃犯ジョエル・カウチがウェストフィールド・ボンダイ・ジャンクションで暴行事件を起こし、オーストラリア人実業家ジョン・シングルトンの娘を殺害

シドニー襲撃犯ジョエル・カウチがウェストフィールド・ボンダイ・ジャンクションで暴行事件を起こし、オーストラリア人実業家ジョン・シングルトンの娘を殺害

世界のニュース

報道によると、土曜日にオーストラリアのショッピングモールで刺殺暴行を加えた男は、以前に警察との衝突経験もあるクイーンズランド州出身者であることが判明した。

9ニュース・シドニーによると、ウェストフィールド・ボンダイ・ジャンクション・ショッピングセンターでの襲撃で、ジョエル・クッチ容疑者(40)がオーストラリアの億万長者広告第一人者ジョン・シングルトンの娘を含む6人を殺害し、少なくとも十数人を負傷させた。 言及された、警察が引用した。

ニューサウスウェールズ州警察はカウチ容疑者が女性たちを標的にしたかどうか捜査しているが、それは「明確な捜査方針」であると述べた。

ジョエル・カウチはショッピングモールで殺人を犯したナイフを持った狂った男として警察によって特定された。 ジョエル・カウチ/フェイスブック

ニューサウスウェールズ州警察のカレン・ウェッブ長官は、ナイフを持った襲撃犯を止めようとしていた警備員とみられる女性5人と男性1人が死亡したと発表した。

この攻撃で負傷した他の8人は女性だった。

ウェッブ氏は「現時点では動機は分からない。現時点で分かっているのは、イデオロギー的な動機はないということだ」と語った。

ウェッブ氏は、カウチ氏はクイーンズランド州では「犯罪歴は不明」だが、「精神的健康上の問題」により法執行機関と衝突したことがある、と付け加えた。

同紙によると、ドーン・シングルトンさん(25)は、人気ショッピングモールで現地時間午後3時過ぎに始まったカウチ襲撃で確認された2人目の犠牲者だった。

ドーン・シングルトンは、オーストラリアの億万長者実業家ジョン・シングルトンの娘です。 リンクトイン

シングルトンはシドニー工科大学を卒業し、デジタルとソーシャル メディアを専攻しました。 彼女のLinkedInによると

シングルトンさんは理不尽に殺害されるまで、ホワイト・フォックス・ブティックで電子商取引アシスタントとして働いていた。

彼女はシングルトン氏と弁護士ジュリー・マーティン氏の6番目の妻との結婚生活の長子である。

エイミー・スコットはナイフを振り回す狂人を殺害したとされる警察官である。

同紙によると、カウチさんの連続殺人は、東部郊外警察管区の高位警部である英雄的な警官、エイミー・スコットによって射殺されたことで終わった。

オーストラリアのアンソニー・アルバニーズ首相は、ナイフを持った襲撃犯に立ち向かうスコットの勇気を称賛した。

「彼女は間違いなく英雄だ。彼女が命を救ったことに疑いの余地はない」とアルバニーズさんは土曜日の夜に記者団に語った。

カウチ容疑者は襲撃時に女性をターゲットにしていた可能性がある。

被害者の1人、アシュリー・ジャッドさんは38歳の母親で、子供も襲撃中に刺されたが、刺殺から数時間後に病院で死亡した。

同紙によると、生後9か月の娘は手術を受けたが、依然として重篤な状態だという。

ジャドさんの死を受け、ジャドさんの家族は悲しみを表明する声明を発表した。

アシュリー・ジャッドさんは2024年4月14日、オーストラリアのシドニーのボンダイ・ジャンクションで刺殺された。 ロイター経由

「今日、私たちは美しい母、娘、姉妹、パートナー、友人、そして素晴らしい人間であるアシュリーの多大な喪失に苦しんでいます」と声明文には書かれている。 取得した シドニー・モーニング・ヘラルド紙による。

「アシュリーと私たちの女の赤ちゃんに対する多大な愛を表明してくださったオーストラリア国民の皆様の祝福と思いに感謝いたします。」


https://nypost.com/2024/04/14/world-news/sydney-knife-attacher-joel-cauchi-killed-daughter-of-australian-businessman-john-singleton-in-westfield-bondi-junction- Rampage/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium=site%20buttons&utm_campaign=site%20buttons

共有URLをコピーする

READ  意見 | 10月6日にガザ住民を対象に調査を行った。 これが私が見つけたものです。