4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジェイソン・ケルスは、癌と闘っているイーグルスのコーチに引退スピーチをさせるために足首を縛ってもらった

ジェイソン・ケルスは、癌と闘っているイーグルスのコーチに引退スピーチをさせるために足首を縛ってもらった

ジェイソン・ケルスが引退を発表したとき、イーグルスはA.J.を放出した。 ビデオ ケルセはチームの従業員の長年の勤勉に感謝している様子が映されている。 このビデオをよく見てみると、異常なことが明らかになった。試合でもそうであるように、ケルセの足首はテープで縛られていた。 アンクルテープはケルチェとチームのコーチとの特別な関係を反映していることが判明した。

イーグルスのコーチ、ジョー・オビエラはソーシャルメディアに、何年もの間毎試合ケルチェの足首にテーピングをしてきたと書いた。 しかし、オピラは化学療法を受けていたため、ケルチェのキャリア最後の試合、プレーオフで敗れたタンパ戦を欠場した。 そこでケルチェはオビラに、足首を鷲のように縛る最後の人になるよう、そして引退スピーチの前にそうするよう頼んだ。

オピラさんは「フィールド上での功績はもちろん、フィールド外での数々の功績もご存じだろうが、この10年間、この男が私と今の私の家族にとってどれほど大きな意味を持ったかは、言葉では言い表せないほどだ」と書いた。 「彼の最後のシーズンとなるとき、私がガンと診断され、放射線治療と化学療法を受けなければならなかったとき、彼は私が逃げる必要があるならビーチハウスを差し出し、私と妻を助けるために食事代を払うと申し出てくれました。 「そして彼は、私が家にいるときにランダムに電話をかけてきました。私は体調が悪くて化学療法のため家に来られなかったのです。私の様子を確認したり、とりとめのないことについて話したりするためでした。それが彼という人間です。私はこれを録音しました」 「13シーズンの間、彼の足首と親指は毎日痛かった。彼がタンパで最後の試合に出場したときも、私はガンのためにそこに行くことができなかった。そして彼が引退すると言ったとき、私は引退できなかったことに残念な気持ちを表明した」 「彼がこれまでに録音した最後の人物である彼は、引退記者会見で私に録音させてくれと申し出てくれました。それが彼です。これらの物語が彼の既に素晴らしい功績にさらに加わることを願っています」

ケルス氏がイーグルスの従業員に演説したビデオの中で、彼は感謝の気持ちを表明している。

「ここにいる皆さんがこの組織と選手たちに対して行ってくれたこと、そして意味してくれたすべてに本当に感謝しています」とケルチェは語った。 「皆さんと一緒に仕事ができて光栄でした。」

明らかにその気持ちはお互いにあります。

READ  NFLフリーエージェント:タイタンズがCBラジャリウス・スニードとトレード