4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジェイソン・モロニー、井上対ネリーの前座で武井良樹と対戦するため来日

ジェイソン・モロニー、井上対ネリーの前座で武井良樹と対戦するため来日

オーストラリアのジェイソン・モロニー(右)は、2022年6月5日にメルボルンで行われる世界ボクシング評議会(WBC)シルバーバンタム級と空位の世界ボクシング機構(WBO)インターナショナルバンタム級タイトルを賭けた試合でフィリピンのアストン・パリクデ(左)と戦う。 — 画像はエディトリアル使用に制限 – 商用利用は厳密に禁止 — (写真提供: William West / AFP) / — 画像はエディトリアル使用に制限 – 商用使用は厳密に禁止 — (画像提供: WILIFST)

WBCバンタム級タイトル保持者のジェイソン・モロニー(27勝2敗、19KO)は、日本で武井良樹(8勝0敗、8KO)に対して自主タイトルを受け入れた後、母国でベルトを防衛するにはもう少し待たなければならないだろう。

試合は5月6日に東京ドームで行われ、リングチャンピオンの井上尚弥(26勝0敗、23KO)とルイス・ニアリー(35勝1敗、27KO)の間で誰もが認めるジュニアフェザー級選手権試合が行われる。 このカードでは、井上拓真(19勝1敗、5KO)が、石田翔(34勝3敗、17KO)と新たにWBAフライ級タイトルを獲得した聖子勇利阿久比(19勝2敗)を相手に、WBA118ポンド王座の2度目の防衛戦を行う。 -1、11KO)で桑原拓(13勝1、8KO)に対してベルトを守りました。

33歳のオーストラリア人のモロニーは、RACでの同胞ジョージ・カンポソス・ジュニア(21勝2敗、10KO)とウクライナのサウスポー、ワシリー・ロマチェンコ(17勝3敗、11KO)の間の空いているIBFライト級タイトル戦の前座で次回の出場が広く期待されていた。スタジアム。 5月12日、西オーストラリア州パース。

しかし、日本で注目度の高いカードからオファーが来たとき、断るにはあまりにも良い機会だった。

「打球は左翼から少し外れた」とモロニーはリングに語った。 「明らかに、最後の試合は1月にあり、その段階でさえ、勝てばオーストラリアでのカンポソス対ロマチェンコの前座になれると確信していた。正直に言うと、とても楽しみにしていた。自分の世界を守りたかった」 「母国でタイトルを獲得できれば最高だっただろう。特にあのような大きなショーでは。すべてがかなり決まっていたが、私のマネージャーのトニー・ドルゲとトレーナーのアンジェロ・ハイダーが日本で戦うチャンスを得た。」

「とても難しい決断だった。オーストラリアで戦うことに本当に興奮していたけど、日本で戦いたいとずっと思っていた。それがずっと私の目標だった。昨年1月に日本でトレーニングキャンプをしたんだけど、とても楽しかった」 「私はそこで過ごしました。彼らは素晴らしい文化を持った素晴らしい戦いです。この国は本当に謙虚な戦士だと思います。私はいつもたくさんの日本の戦士を見てきましたが、彼らのスタイルと謙虚な姿勢を常に賞賛していました。」

27歳の日本人サウスポー武井はボクシング界ではほとんど知られていないかもしれないが、キックボクサーとしてのこれまでのキャリアで確固たる評判を築いていた。 映像のほとんどはキックボクシング時代のものだが、モロニーはアマチュア時代に学んだ教訓から、そのような状況に対処する方法を知っていると語る。

「タケイと対戦するのは少し未知数だった」とモロニーは認めた。 「しかし、私たちは彼のスタイル、彼が投げるのが好きなパンチ、そして彼がどのように動くのが好きなのかについて公正なアイデアを得るために十分に見てきました。それは私を世界最高のボクサーと80回戦ったアマチュア時代に戻します」世界の試合だ 試合によっては、彼とリングに上がることもある 彼が最初のパンチを放つのを見るまでは、その男を見ることはできないだろう そういう経験が活きるのはここだ しかし、私は彼のスタイルを十分に見てきたと思うそして彼がリングにもたらすもの、彼の長所と短所は何か、それは外に出て私の戦いと戦おうとすることだ、私のそれは強さと戦うことであり、戦いを彼の手から奪い、彼を大いに当惑させることである」

もしモロニーが武井に勝てば、元ジュニアバンタム級タイトル保持者ジャービン・アンカハス(34勝4敗2分、23KO)をボディーで止めて素晴らしいパフォーマンスを見せた井上尚弥の弟・拓真と対戦するのは自然なことだろう。 先月東京で行われた第9Rで撃たれた。

「彼はとても印象的だった」と118ポンド級で2位に終わったモロニーは述べ、井上拓真は5位だった。 「タクマが確実に改善しているのが分かると思います。 兄の影にいるのは彼にとって常に厳しいことだろうし、誰もが常に彼と比較するだろうが、彼が優れたファイターであることを間違いなく示したと思う。 良いパフォーマンスだったと思います、彼は美しいボディショットで彼をブロックしました。

「タクマと私は最近の戦いから順調かつ急速に回復しており、それは良いことだ。 チャンピオンになりたい人は全員活躍するべきで、それが私が望んでいることです。

「前回話したように、私にとって活動的な1年を過ごすことが重要だ。昨年は1試合しかできず、悔しい思いをした。今年は1月に試合があり、5月には復帰する予定で、そうしたいと願っている」今年はあと 1 つまたは 2 つ素晴らしいものがありました。

ジェイソン・モロニーとソール・サンチェスは、スリリングな12ラウンドを徹底的に戦いました。 写真提供:マイキー・ウィリアムズ/ファースト・ランク

「私にとってアクティブであることは間違いなく重要だが、毎回素晴らしいパフォーマンスを披露し、人々が私の試合を見たいと思うようにすることだ。」

モロニーが最後に試合に復帰したのは1月、カナダのケベックでライブワイヤーのソール・サンチェス(20勝3敗、12KO)と対戦した時だった。 アクション満載の戦いでは、両ボクサーが前半戦で交互に勝利し、最後の4ラウンドでモロニーが優位に立った。

終了の鐘が鳴るまでに、多くのファンと評論家がすでにその試合を今年の一戦に選んでいた。 モロニーは勝利したが、戦いの傷跡が残らずリングを去ったわけではない。

「サンチェス戦は、勝つためには何でもするつもりで、さまざまなスタイルに適応できることを証明した。私はワントリックポニーではない」と、負傷で右目を負傷したモロニーは語った。第3ラウンドで偶然の頭の衝突。

「試合から帰ってくると確かに痛かった。まるでトラックに轢かれたような気分だった。良くなるまでに1、2週間かかったが、その種の試合ではそれがつきものだ。でも深刻なものではなかった、ただそれだけだった」あざと頭の痛みはあります。私は大丈夫です。明らかに目を数針縫うなどですが、とにかく深刻なものではありません。今は順調に回復しており、すぐにジムに戻って次の準備をしています1つ。

東京ドームはボクシングの歴史の中で特別な位置を占めています。 1990年2月11日、57,000席の野球場でマイク・タイソンは、40勝1敗で劣勢なジェームス・“バスター”・ダグラスに、誰もが認めるヘビー級王座を無礼にも剥奪された。 それ以来、この会場ではボクシングイベントは開催されていない。

東京ドームの目と鼻の先にある日本武道館は、オーストラリアのボクシング王者ライオネル・ローズが56年前に世界バンタム級チャンピオンの座を剥奪され、原田ファイティングが国際ボクシングデビューを果たした場所である。

モロニー氏はこの地域の歴史を忘れていない。彼は東京に自分の遺産を加えたいと考えている。

「私は日本と、この巨大なトリプル世界タイトル戦のカード、クワドル世界タイトル戦のカード、そしてこれらの巨大なショーで彼らが何をしていたかを見ていました」とモロニーは語った。 「5万5000人、世界中の何百万人が見守る東京ドームで、満席の井上選手のカードに載ることは、大きなチャンスだ。 私たちはオーストラリアで戦うか、日本で戦うか、どちらに進むかを検討する必要がありました。 私たちは日本での戦いを終え、その巨大なショーに参加できたことをとてもうれしく思いますが、同時に私自身の小さな紹介を日本市場に加えることもできました。

「私には日本にある程度のファンベースがあり、井上との試合後、日本のファンから良いサポートを得ています。 [who he lost to in seven rounds in 2020]でも、そこに行って印象的なパフォーマンスをして、無敗の男である武井を倒したいです。 素晴らしいタイトルの2度目の防衛を果たし、日本でのファン層を開拓したいです。 彼らは今、これらの巨大なショーで素晴らしいことをやっていて、軽量級の選手たちに敬意を払っています、それは素晴らしいことです。

オーストラリアの試合ファンはモロニーの本拠地での試合を再び見るにはもう少し待たなければならないようだ。

「誰にも分からないが、今後数年のうちに日本でも試合をするかもしれないし、向こうでも試合をするかもしれない」とモロニーは語った。

「しかし、まず第一に、私は現場に出て、タケイに対する仕事を確実に終わらせなければなりません。」

READ  置物-日本の宮原は24歳の誕生日に引退を発表