2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャイアンツ、ユーティリティマンのジョナ・コックスと引き換えにロス・ストリップリングをアスレチックスへトレード – NBCスポーツ・ベイエリアとCA

ジャイアンツ、ユーティリティマンのジョナ・コックスと引き換えにロス・ストリップリングをアスレチックスへトレード – NBCスポーツ・ベイエリアとCA

ジャイアンツとアスレチックスは金曜日、ベイエリアの球団間で異例のトレードを完了した。

両チームは、サンフランシスコが内野手兼外野手のジョナ・コックスと引き換えにベテラン投手ロス・ストリップリングと現金のトレードでオークランドへ移籍したと発表した。

ストリップリングは昨シーズン、サンフランシスコと2年2500万ドルの契約を結んだ後、ジャイアンツとの最初のシーズンは苦戦し、先発ローテーションの間を行き来しながら89イニングで0勝5敗、防御率5.35、70奪三振16四球という成績を残した。そしてブルペン。

契約の最終年となる2年目を選択した後、ストリップリングは2024年に1,250万ドルの収入を得る予定だ。アスレチックのアンドリュー・バグガーリー氏は契約後、サンフランシスコ市が契約の一環としてストリップリングの給与のうち325万ドルを支払うと報告した。

2023年のドラフト6巡目でオーラル・ロバーツから指名された22歳のコックスは、マイナーリーグで中堅手、左翼手、遊撃手としてプレーし、打率.287/.366/.403、2本塁打、15打点、 20盗塁、2023年ルーキーズ、シングルA所属。

ストリップリングは、2024年シーズンに向けてこのオフシーズンに懸命に取り組んできており、自身が「デスボール」と呼ぶ新製品をキットに導入し、グリーンとゴールドでデビューする予定だ。

34歳の彼は、金曜日にチームが正式に1年契約を結んだ元ジャイアンツのチームメイトでベテラン左翼手のアレックス・ウッドとオークランドで合流することになる。

READ  ファーストフードマーベリックス-ウォリアーズ:ルカドンチッチ、ダラスはゲーム4で雨を降らせ、ゴールデンステートをかわして生き残る