6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャック・マーが日本で客員教授を受け入れました

ジャック・マーが日本で客員教授を受け入れました

東京—中国の億万長者ジャック・マーは、月曜日に日本の大学で客員教授を受け入れました。

名門東京大学の一部である東京カレッジは、学生やスタッフ向けのセミナーで「起業家精神、企業経営、革新に関する豊富な経験と先駆的な知識を共有する」と語った。

58 歳の彼は、2 年前に中国政府がテクノロジー部門を取り締まり、地位を失って以来、目立たないようにしている。

しかし、彼は最近、香港大学のビジネス スクールから、2026 年 3 月までの 3 年間の任期で名誉教授を受け入れました。

東京カレッジはそのウェブサイトで、「特に持続可能な農業と食料生産の分野で」教員と「共同研究とプロジェクトを実施する」と述べた.

Magnate は客員教授として、研究テーマに関する「アドバイスとサポートを提供する」ことが期待されています。

電子商取引、クラウド コンピューティング、メディア、AI にまたがる事業を展開する Alibaba を始める前、Ma は中国東部の杭州天子大学で 8 年間英語を教えていました。

彼は、2020 年代後半以降、中国のテクノロジー業界の著名人による反競争的慣行の疑いに対する取り締まりの最も注目を集めた標的の 1 人でした。

規制当局は、大手インターネット企業があまりにも多くのデータを管理し、急速に拡大していることを恐れて、アリババに登録罰金を課し、マーのアント グループの IPO をキャンセルしました。

マーは過去2年間、世間の注目を集めていませんでしたが、スペインの島で目撃されており、2022年のほとんどを日本に住んでいたと言われています.

彼は 3 月、アリババのパートナーが中国の杭州市に設立した学校を訪れたとき、めったに公の場に姿を現さなかった。

READ  コメント | なぜ中国は戦時中の過去を超えて日本との緊密な関係を築くべきなのか