1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャック・マーは中国の侵略後、日本に住んでいました

中国の起業家ジャック・マー氏は、テクノロジー部門に対する北京の取り締まり後、ほぼ6か月間東京に住んでいる、とフィナンシャル・タイムズは火曜日に報じた。

の共同創設者 アリババ・グループ・ホールディング 株式会社は宿泊施設を廃止しました 日本 同誌は、彼の居場所に詳しい人々の話として、海外旅行や米国とイスラエルへの定期的な訪問を通じて述べた. マーは、東京を拠点とする孫正義の親友です。 ソフトバンクグループ コーポレーションとアリババの初期の投資家。

かつて中国で最も裕福で最も著名なテック リーダーだったマー氏は、政府の規制に対する批判により北京でトラブルに巻き込まれ、フィンテック企業のアント グループの新規株式公開が頓挫したことで、近年注目を集めています。

その後、特にインターネット企業の力を抑えることを目的とした、中国の民間部門に対する包括的な取り締まりが行われました。 それ以来、彼のまれな公の場への出演は注意深く見守られてきました。

東京では、馬は銀座と丸の内の中央地区にいくつかのプライベートメンバーズクラブを所有しているとFTが報じた. 彼はまた、専属のシェフとセキュリティ スタッフを連れてきており、熱心な現代アートのコレクターになっています。

馬は以前、ビジネス会議で注目を集めていました 多額の国際寄付 パンデミックの初期に世界が必要とする防護服やその他の装備。

新しいウィークリー インパクト レポート ニュースレターでは、ESG のニュースとトレンドが今日の経営幹部の役割と責任をどのように形作っているか、またそれらの課題をうまく乗り切るにはどうすればよいかを探っています。 購読はこちら.

READ  「キウイ風味の」バナナは、キウイの日本のスーパーマーケットで見つかりました