2月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャパンモビリティショーは低迷する市場において意味がある

ジャパンモビリティショーは低迷する市場において意味がある

ジャパン モビリティ ショー(旧東京モーターショー)は、10 月 26 日(木)に開幕し、11 月 5 日(日)まで開催されます。

来場者数が200万人を超えた1980年代後半から1990年代前半に東京モーターショーに参加した人たちは、ショー主催者のターゲットを正確に特定するのが難しいと感じた。

日本の若者の自動車への関心は、昨年の販売台数が約50年ぶりの低水準だったことが影響しているのだろうか? それとも、世界中の自動車メーカーが急速にバッテリー式電気自動車に切り替える中、日本の業界のパワートレイン技術を強調するのでしょうか? 日本は全電力販売量に占める割合がわずか2%と出遅れている。

それとも、主催者は、スタートアップを含む500人近くの参加者を擁するこれほど多くの業界を結集することで、トヨタとスズキを除いて、低迷する国内産業を復活させることができると本当に信じているのだろうか?

どの自動車メーカーも少なくとも 1 つのモデルを発表しているため、今年のコンセプトカーの主な焦点は BEV です。 繰り返しになりますが、日本の自動車メーカーがバッテリー駆動のコンセプトを披露したのはこれが初めてではありません。 2007 年のショーは、主に BEV とハイブリッドなどの代替推進力に焦点を当てていました。

4年前、パンデミックの前、私たちは三菱自動車CEOの益子修氏に日本の自動車市場の現状、特に興味深い車が存在する理由について話を聞いた。 翌年の夏に亡くなった益子さんは、驚くほど率直だった。

「自動車はもはや夢の源ではない」と彼は言う。 「私がこのビジネスに参入したとき、車は人としての人間性を定義するのに役立ちました。 それらはもはや不可欠ではありません。 携帯電話(定義)や車は、多くの人、特に都市に住んでいる人や高齢者のためのものではありません。」

増子氏はさらに、「日本の人口は減少し、高齢化が進んでいる(ほぼ30%が65歳以上、10%が80歳以上)。 その結果、自動車需要は減少することが予想されます。

ロジャー・シュレッフラー

今年のショーは多数の参加者を誇ったが、ヨーロッパからの2社と中国からの1社を含む12社の自動車メーカーのみが出展された。 (上記のBYDロゴ) そして北米からは何もありませんでした。 この番組はほとんどが日本のものです。

日本のブランドの中では、

  • 日産は、日本の「アニメ」またはアニメーション文化から直接来た未来的な車のシリーズを発表しています。 それらには、GT-R の未来バージョンであるハイパー フォース、ハイパー パンク、ハイパー ツアラーが含まれます。 これらはいずれも製品化される予定はないようです。
  • 逆に、トヨタとそのレクサス部門は、 BEV に切り替えるのに最適です。 トヨタはスポーツカーFT-SeとランドクルーザーのコンセプトであるランドクルーザーSeを提供している。 自動車メーカーは、EPUと呼ばれる電気ピックアップトラックも展示している。
  • レクサスは、2026年に生産開始予定で航続距離625マイル(1,000km)の達成を目指すLF-ZCを展示している。 今年初め、同社は2030年までに合計約30モデルの完全電気自動車を350万台生産する計画を発表した。
  • マツダのスポーツカー「SP」 (画像、下) 2回転EVシステムを搭載。
  • マツダ SP スポーツカー コンセプト - ジャパン モビリティ ショー 23.jpeg
  • ホンダの主力コンセプトは、電動スポーツカーであるプレリュード コンセプトと、ボディパネルの大部分がアクリル樹脂で作られた軽量電動ハッチバックであるサスティナ C です。
  • ホンダは、手頃な価格のEVを開発するゼネラルモーターズとの提携関係を終了することを認めた。
  • 三菱の電動クロスオーバー MPV である D:X コンセプトは、プラグイン ハイブリッド パワートレインを備えています。 先週初め、自動車メーカーはルノーのアンペール事業に2億ユーロ(2億1,200万ドル)を投資する計画を発表し、フランスの自動車メーカーと協力して欧州市場向けのBEVを開発する予定である。 日産はアンペールに6億ユーロ(6億3,700万ドル)を投資している。
  • 一方、スズキは2つの電気モデルを展示しており、どちらも生産が近づいている。 同社は2025年までに欧州、インド、日本でEVXを発売する計画だ。 このモデルの航続距離は500km(312マイル)となる。 EWXは日本市場向けに開発されています。 導入のスケジュールは明らかにされていない。
  • スバルの主力コンセプトカーであるスバル スポーツ モビリティは、自動車メーカーの全輪駆動技術を搭載した未来的な BEV です。
  • ダイハツ、「おさんぽ」など軽BEV4台を展示 (画像、下)2席の開放的な空間。ダイハツおさんぽ.jpg
READ  ビートルズ、殺害予告の中、日本ツアーに乗り出した