2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャパン・ソサエティーの新シリーズ「家族の肖像」では、小津、黒沢清、是枝などの映画が特集されている。

ジャパン・ソサエティーの新シリーズ「家族の肖像」では、小津、黒沢清、是枝などの映画が特集されている。

ACAシネマプログラムの一環として – 「米国における日本映画と映画製作者の認識と評価を高めるために日本政府によって推進されている継続的な取り組み」 –日本社会 「ファミリー・ポートレート:流動する日本の家族」は2月15日から24日まで上演される。 アメリカ初演とレパートリーの映像を組み合わせたこのシリーズは、「日本の家族の絆」を前面に押し出し、「これらの伝統を称賛するとともに、急速に変化する現代社会におけるその現実と関連性に疑問を投げかけている」。

米国初演には熊切和嘉が出演 洋子菊地凛子、鶴岡慶子主演。 砂糖 漆の女の子。 中野量太選手に特別スポットライトを当てる 長いお別れ そしてステキなタイトル 彼女のロマンチックな風呂水が沸騰する ニューヨークでデビュー。 彼の2020年の特集 アサダス 遊びもする。

小栗康平のレパートリー上映会が開催されます 濁った川黒沢清著 トーキョーソナタ是枝さんの まだ歩いていますそして小津の一番上の棚 東京トワイライト––後の2つは35mmです。

私たちが誇りを持ってご紹介する以下の全文をご覧ください。

機能スレート

すべての映画は日本語で英語の字幕が付いています。 映画はアルファベット順にリストされています。

長いお別れ (ニューヨークプレミア)
『お久しぶりです』
中野量太監督、2019年、127分、DCP、カラー。 蒼井優さん、竹内結子さん、山崎努さん出演。

ナオキは、受賞歴のある作家中島京子の本を原作としています。 長いお別れ この作品は、アルツハイマー病を患う高齢の祥平(山崎努)の徐々に記憶喪失になる様子と、彼の2人の娘が彼の介護のために家に戻ったときに経験するつらい課題と予期せぬ喜びを描いています。 アルツハイマー病が翔平の過去を奪う一方、彼の長い別れは新たな思い出と愛する人たちとの新たな親密さをもたらす。

アサダス
『浅田家!』
中野量太監督、2020年、127分、DCP、カラー。 二宮和也さん、妻夫木聡さん、菅田将暉さんと。

実在の写真家、浅田政志にインスピレーションを得た中野量太監督の最新作は、予想外の実話の中でユーモアとハートのバランスをとっている。 伝統的な家庭に育ち、精力的な夢想家である正志 (二宮和也) の初期の芸術活動は懐疑的な目で見られ、ほとんど支援されませんでしたが、2011 年の東北地方太平洋沖地震の後、正志の写真技術に新たな目的が与えられ、ある使命に乗り出します。 彼の家族、そして日本中の家族を一つにまとめます。

彼女のロマンチックな風呂水が沸騰する (ニューヨークプレミア)
『湯を流れ消えた熱い愛』
中野量太監督、2016年、125分、DCP、カラー。 宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー出演。

双葉を演じるのは宮沢麗さん。 残された時間はわずかしかないため、彼女は家族を再会させ、夫と再会し、娘と約束し、家業を救うために二人を団結させるという任務を引き受けます。 人気が高く批評的な成功を収めた、 彼女のロマンチックな風呂水が沸騰する 宮沢りーは日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、月咲花最優秀助演女優賞を受賞し、本作は日本のオスカー外国語映画賞の正式エントリーとなった。

まだ歩いています
『としても
是枝裕和監督、2008年、114分、35mm、カラー。 阿部寛、樹木希林、原田芳雄らと。

35mmのプレゼンテーション。 15年前に人命を救おうとして溺死した長男・純兵衛の年に一度の法事に横山家が集まる。 次男の涼(阿部寛)は、父親(原田芳雄)と消極的に批判的な母親(樹木希林)の前で劣等感に耐えているが、強制的な快楽と共有の食事の中で、鬱積した緊張と恨みが一日の経過とともに徐々に現れてくる。 。 両者とも、10歳の息子を持つ未亡人(夏川結衣)との最近の結婚に反対している。 亡き母に捧げた 2008 年の是枝裕和監督のドラマは、彼の最も個人的な映画の 1 つであり、愛、悲痛、そして家族関係の慰めを巧みに監督し、感情を微妙に表現した作品であり、日本映画の現代古典です。

シュガーラッカーガール (米国初演)
『バカフェの娘』
鶴代恵子監督、2023年、118分、DCP、カラー。 小林薫、保田真由。

伝統的 砂糖塗 青木家は漆仕事を引き継いでいるが、事業は斜陽化しており、父・清四郎(小林薫)にはそれが次の世代まで続くかどうか分からない。 家族の唯一の希望は娘の美也子(保田真由)だが、家業を率いたいという彼女の願望は、世代間の慣習、確立された性別役割、そして清四郎自身をも動揺させる。 シュガーラッカーガール 日本で最も伝統的な芸術形式の 1 つを鮮やかに称賛し、歴史、家族、そして過去が未来に存在するのかどうかについて、痛烈な問いを投げかけます。

トーキョーソナタ
『トウキョウソナタ』
黒沢清監督、2008年、119分、DCP、カラー。 香川照之さん、小泉今日子さん、小枝優さんと。

黒沢清監督の恐るべきホームドラマは、家族の価値観や幸せな人生という空虚な約束を超えて、人間の心の奥底に目を向けている。 会社規模縮小の波で解雇されたサラリーマンの龍平は、自分の不幸を隠し、家族をだまして自分がまだ働いていると思い込ませることを選んでいた。 妻のめぐみ(小泉今日子)も同様に漂流していて、平凡な日常から抜け出してくれる人を切望している。 日本では将来性のない10代のタカシと、ピアノを弾くのが大好きな次男ケンジ。 カタルシスを求めて、家族は忍び寄る亀裂に立ち向かうのではなく、秘密の生活を送り始める。 2008 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した黒澤監督の、伝統的な家族の表面的な衰退と欠陥に対するシニカルな視点は、その内部の崩壊を示唆しています。

洋子 (米国初演)
『658km、陽子の旅』
熊切和嘉監督、2022年、113分、DCP、カラー。 菊地凛子、竹原ピストル、黒沢あすか出演。

国際的スターの菊池林檎がヨーコ役で出演するこの型破りなロードムービーは、父親の葬儀まで400マイル以上も離れた孤独な女性の旅を描いています。 旅の途中で多くの旅人に出会う中で、ヨーコは彼らから何を学び、また彼らはヨーコから何を学ぶのでしょうか? この物理的な距離を乗り越えて、葉子は父親と自分との心の距離を修復することができるのか? 彼女は上海国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀女優賞を受賞しました。

クラシック

濁った川
『泥の河』
小栗康平監督、1981年、105分、DCP、白黒。 田村高廣さん、加賀まりこさん、朝原信孝さんらと。

日本の敗戦から 11 年後の労働者階級の大阪を舞台にした、小栗康平の自然主義的なデビュー作は、二人の少年の忘れられない夏の友情を記録しています。 10歳のノブオの目を通して見ると、彼の世界はボート、漁船、そして「巨大な鯉」が行き交う川沿いの交通によって支配されています。 濁った川 ノブオは無実の最後の日々に、妹と謎めいた母親(可歌マリコ)とともにみすぼらしいボートで暮らす貧しい川の住人、キチと友達になる。 疲弊し貧しい住民――今も戦争を生きている者もいれば、新たな生活を夢見ている者もいる――を捉えた小栗の見事なモノクロ作品は、戦後日本とその苦しみ、その結果の胸が張り裂けるような肖像である。 それは、虐げられた主題たちの言葉のないやりとりと最高に落ち込んだ顔の奥深くで共鳴します。

東京トワイライト
『東京暮色』
小津安二郎監督、1957年、140分、35mm、白黒。 原節子、有馬稲子、山田五十鈴と共演

35mm プレゼンテーション*。 戦後の東京の工業地帯の騒音と渦巻くスモッグを舞台にした小津安二郎の薄明劇は、東京の父親の家に滞在している高齢の周吉(竜智州)の成長した二人の娘の生活を描く。 挫折と個人的な問題に悩まされている多佳子(原節子)は、暴力的な夫からの避難を求める一方、「罪悪感」を抱いている妹の亜希子(有馬稲子)は予期せぬ妊娠のトラウマに直面している。 繊細なストロークで小津は作曲する 東京トワイライト 怪しげな麻雀店やラテンのビートが流れる西洋をテーマにしたバーから、廃墟となった造船所や踏切まで、現代の東京の路地をくまなく通ります。 静かな荒廃と長引く悲しみを伴う、小津の最後の白黒長編は、彼の最も明確な傑作の一つであり、日の薄明かりの中で輝く哀れなメロドラマである。 *注: リール 2 は TCP でプログラムされます。

READ  トヨタは日本での減産を計画している