2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジュリアナ・マルグリーズとスーザン・サランドンは、イスラエルとハマスの戦争に端を発した最近の物議を醸したコメントについて謝罪する

ジュリアナ・マルグリーズとスーザン・サランドンは、イスラエルとハマスの戦争に端を発した最近の物議を醸したコメントについて謝罪する



CNN

ジュリアナ・マルグリーズは、ポッドキャストでの最近のコメントが物議を醸したことを受けて謝罪した。

番組のあるエピソードで彼女が述べたコメントの中で、「アンディ・オストロイのバックルーム「先月のポッドキャストで、彼女は一部の社会から疎外されたコミュニティがユダヤ人への支援を欠いていることなどを理由に批判を表明した。 マルグリーズ氏とオストロイ氏(二人ともユダヤ人)の会話は、イスラエルとハマスの戦争と、戦争が始まって以来同国で見られる反ユダヤ主義の高まりをきっかけに始まった。

金曜日に代理人を通じてCNNに電子メールで送った声明の中で、マーグリーズさんは、自分の発言が「私が本当に愛し尊敬する黒人コミュニティとLGBTQIA+コミュニティを傷つけた」ことに「愕然としている」と述べた。

さらに、「100%はっきり言っておきたいのですが、人種差別、同性愛嫌悪、性差別、あるいは誰かの個人的な信念やアイデンティティに対する偏見は、私にとっては大嫌いです」と続けた。 「私はキャリアを通じて、あらゆる種類の憎悪と闘い、反ユダヤ主義を終わらせ、ハマスのようなテロ組織に対して声を上げ、差別に対する統一戦線を提示するために精力的に取り組んできました。私の言葉でさらに分裂を招くつもりはありませんでした。心からお詫び申し上げます。”

スーザン・サランドンも金曜日にこの件に関して謝罪した 先月ニューヨーク市で行われた親パレスチナ集会での彼女のコメントに応えた。

撮影したビデオ ニューヨークポスト 11月17日のデモでは、サランドンさんが群衆に向かって「この国でイスラム教徒であることがどのようなものか味わって、ユダヤ人であることを恐れ、恐れている人がたくさんいる」と語る様子が映されていた。

に書く ソーシャルメディアの共有 サランドンさんは今週、自分が選んだ「文言」は「重大な間違いだった。というのは、ユダヤ人はつい最近まで迫害の部外者だったのに、実際はその逆だということを暗示していたからだ」と述べた。 また、自身のコメントで「この現実を軽視し、人々を傷つけたこと」を深く遺憾に思うとも述べた。

「あらゆる形態の不寛容との戦いで団結を示すつもりだったが、それができなかったことを残念に思う。」

READ  テリー・サンダーソンが法廷を去るとき、グウィネス・パルトロウはテリー・サンダーソンに何をささやきましたか?