2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ストーンは都市の河川横断に効率と機能性を追加します

京都、日本 >> 有名な鴨川は、京都の都会の真ん中を南北に 14 マイル以上流れています。 コミュニティが川を楽しむ方法の 1 つは、そのために設置された階段で川を渡ることです。

鴨川には全部で6組の飛び石があります。 亀や舟、おむすびなどの形をしたものが多く、街の景観の一部となっています。

近くに橋はありますが、石畳の道を川を渡る人が絶え間なく走っています。急いでいる学生、犬の散歩をする人、散歩しているお年寄り。

「川の上を歩くのはいいですね。 それに、これがオフィスへの最短ルートです」と 40 歳の女性は言いました。

石は社会への避けられない道となっています。

この石は、1990 年代初頭に、京都府がコミュニティに川を紹介する手段としてトレイルを設置することを決定したときに設置されました。 当時、学校の教科書には「川に近づくな」と書かれていた水に慣れている人はほとんどいませんでした。 危ないです。”

「川の特徴を知ってもらうことで、川での事故を防ぐことができると考えた」と元県土木事務所職員の吉見茂紀さんは振り返る。

さて、夏休みの鴨川は水遊びをする子供たちで賑わいます。

吉見さん(65)は「今日は亀が首まで水に浸かっているので注意が必要」と、親子で石を目安に水位を測るだろうと話した。

岩は小道として機能するだけでなく、もう 1 つの予想外の利点があります。急流によって洗い流される可能性のある砂利を寄せ付けず、川底を掘り起こします。 このため、川の水の流れは安定しており、水は穏やかです。

「川岸を人為的に平らにすると、そこで生きていけない魚もいます。 石を配置することで、環境と洪水調節の必要性とのバランスがとれます」と吉見氏は語った。

1100 年、強力な上皇である白河上皇は、鴨川の水を彼が制御できない 3 つのものの 1 つとして挙げました。 他の2つは、強い影響力と富を持っていた比山延暦寺のサイコロと僧侶の巻物でした。

白川の観察は、鴨川がかつて荒れ狂う川だったことを示しています。

それから数世紀後の 1800 年、有名な小説家の滝沢パキンは、鴨川を「女性」、「神社と神社」とともに、京都の三大名所の 1 つに挙げました。

鴨川は、荒々しさと美しさの二面性で日本人の心を魅了してきました。

川の名前には諸説あります。 「蒲生」は漢字で雁を意味しますが、代々川沿いに栄えた豪族・蒲生一族から名付けられたという説が有力です。

実は鴨川は高野川との合流点から南北で漢字が違う。 その点の南では、「雁」の漢字が使用されます。 その北、賀茂氏の漢字。

しかし、お粥を気にしない人もいます。 彼らは、「ガモ」は上流または神を意味する「カミ」という言葉に由来すると信じています。

READ  日本の消費は年間42,000人の早期死亡に関連しています