5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ストーンピーク、日本のエネルギー貯蔵用CHC発射場

ストーンピーク、日本のエネルギー貯蔵用CHC発射場

インフラに特化した投資会社Stonepeakと、シンガポールを拠点とする蓄電池システム(BESS)開発会社CHCは、日本でBESSプロジェクトを推進するための共同プラットフォームの設立を発表した。

Stonepeak/CHC プラットフォームは最近、日本初の長期脱炭素化オークション中に落札された 4 つの BESS プロジェクトに対する 20 年間の固定収益容量市場契約を獲得しました。

このプラットフォームの使命は、日本の脱炭素化目標に貢献するBESSプロジェクトを開発、構築、運営することです。

日本の再生可能エネルギー分野におけるストーンピークの投資経験と CHC の技術的専門知識を組み合わせることで、このプラットフォームは 2028 年までに 1GW の BESS プロジェクトを目標とします。

この協力は、カーボンニュートラルを目指す日本の野心を支援し、国内送電網の持続可能性と信頼性を向上させます。

ストーンピーク社のライアン・チュア専務取締役は、「日本が脱炭素化目標を達成するために再生可能エネルギープロジェクトの開発を加速する中、エネルギー貯蔵は日本の送電網の信頼性を向上させる上で重要な役割を果たすことになるだろう」と述べた。

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 研究時間を節約します。 競争力を高めます。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

私たちは、当社の会社概要の優れた品質を信じています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も効果的な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる


READ  日本にはない日本食5選






私たちの到着 プライバシーポリシー 当社のサービス、当社がお客様の個人データを使用、処理、共有する方法、個人データに関連するお客様の権利に関する情報、および今後のマーケティングコミュニケーションの購読を解除する方法についての詳細は、こちらをご覧ください。 当社のサービスは法人購読者を対象としており、送信された電子メール アドレスが企業の電子メール アドレスであることを保証します。

「日本政府の長期的な支援を受けて、信頼性の高いBESS容量に対する需要が高まっていることは、CHCとのパートナーシップを推進するという当社の決定の基礎となっており、これは当社の世界的な再生可能エネルギー戦略に非常に適していると当社は信じています。」

CHC CEO の Jay Guo 氏は次のように述べています。「CHC は BESS ビジネスの構築と拡大を続ける中、成功した再生可能エネルギー プラットフォームをサポートする強力な実績を持つ世界最大の独立系インフラ投資家である Stonepeak と提携できることを大変うれしく思います。

CHC は、日本のエネルギー転換、信頼性の高い送電網、持続可能なソリューションの推進に取り組んでいます。 Stonepeak とのパートナーシップは、日本中の地域社会や産業に利益をもたらす、より信頼性が高く効率的な再生可能エネルギーを提供するための重要な一歩を表しています。

ストーンピークの現在の再生可能エネルギーおよびエネルギー変換ポートフォリオには、太陽光発電、洋上風力発電および蓄電池全体で 16.2GW の運用および開発容量があります。

2024 年 3 月、Stonepeak と Shichen Energy は、TerraWind Renewables と呼ばれる洋上風力エネルギー プラットフォームを開発しました。

同月、エルステッドは米国の957MW洋上風力発電ポートフォリオの株式をストーンピークに売却する契約を締結した。