6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スペインとアイルランドがパレスチナ国家を承認する前に関係が悪化、欧州連合とイスラエルは舌戦に陥っている

スペインとアイルランドがパレスチナ国家を承認する前に関係が悪化、欧州連合とイスラエルは舌戦に陥っている

ブリュッセル(AP通信)―欧州連合とイスラエルの関係は、大統領選挙前夜の月曜日に急降下した。 EU加盟国のアイルランドとスペインによるパレスチナ国家の外交承認ガザ地区南部のラファ市でイスラエルによる致命的な攻撃が続いているため、マドリードはイスラエルへの制裁発動を検討する必要性を主張している。

相互コメントと外交措置の中で、イスラエルのイスラエル・カッツ外相はスペインに対し、エルサレムの同領事館がパレスチナ人を支援することは許されないと伝えた。

一方、欧州連合のジョゼップ・ボレル外交政策責任者は国際刑事裁判所を全面的に支持しており、同裁判所の検察官はイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相や過激派組織ハマスの指導者らに対する逮捕状を請求している。

「法廷の検察官はひどく脅迫され、反ユダヤ主義の疑いで告発された。ネタニヤフ政権が気に入らないことをする者にはいつもそうである」とボレル氏は語った。 「反ユダヤ主義という言葉はとても重い。とても重要なことだ。」

カッツ氏がパレスチナ国家を承認することで「テロに報いる」とスペインを非難し、「異端審問の時代は終わった」と述べたことから、月曜日には怒りの言葉があふれた。 同氏は、ローマ・カトリック信仰を守るために15世紀に始まった悪名高いスペインの制度がユダヤ人やイスラム教徒に逃亡、カトリックへの改宗、場合によっては死を強いることになったことを指摘した。

「誰も私たちに宗教の変更を強制したり、私たちの存在を脅かしたりすることはありません。私たちを傷つける者には、私たちはお返しに彼らを傷つけます」とカッツ氏は語った。

スペインのホセ・マヌエル・アルバレス外相はこの発言を批判し、アイルランドと非EU加盟国ノルウェーの同僚もパレスチナ承認計画を巡って「イスラエルの同僚から不当で完全に非難に値する挑発を受けている」と述べた。

「あらゆる種類の威圧的なプロパガンダで私たちを分断しようとする人々に直面して、非常に強力なメッセージを送るためにはヨーロッパ人の団結が不可欠だ」と彼は語った。

欧州連合とその加盟国は、過激派がガザ国境からイスラエルに突入し、1,200人が死亡、約250人が人質になった10月7日のハマス主導の攻撃を断固として非難しているが、EUも同様にイスラエルの攻撃を批判している。それが続きました。 より多くの死者を出した攻撃 ガザ保健省によると、パレスチナ人は3万5千人戦闘員と民間人の区別はありません。

パレスチナの医療従事者らによると、最近の攻撃はラファに集中していたという。 日曜日のイスラエル空爆で少なくとも35人が死亡、避難民のテントを襲い、くすぶる瓦礫の下に他の「多くの」人が閉じ込められた。

イタリアのグイド・クロセット国防大臣は、このような攻撃は長期的な影響を及ぼすだろうと述べた。 「この選択により、イスラエルは憎悪を広め、その子供たちや孫たちまで憎しみを根付かせることになる。 別の決断をしたほうがよかった」と彼はSKY TG24に語った。

それから打撃が来た 国連の最高裁判所である国際司法裁判所金曜日、ハマスはイスラエルに対し、たとえガザ地区での停戦命令に至らなかったとしても、ラファへの攻撃を直ちに中止するよう要求した。

アルバレス氏は、スペインと他の国々がボレル氏に、イスラエルにICJの判決に対応させ、「重大な違反があった際に同様の状況でEUが何をしたか」を説明させるために「欧州連合が適用できる措置のリストを提供する」よう求めたと述べた。国際法の。」

スペイン、アイルランド、ノルウェーは火曜日にパレスチナ国家の正式承認を発表する予定だ。 先週の両国の共同発表はイスラエル当局の怒りの反応を引き起こし、イスラエル当局はテルアビブの両国大使をイスラエル外務省に呼び、そこで10月7日のハマスの襲撃と誘拐の映像を見せているところを撮影された。

数十カ国がパレスチナ国家を承認しているが、西側主要国はどれも承認しておらず、3カ国によるこの措置が現場でどれだけの違いを生むかは不明だ。 しかし、この承認はパレスチナ人にとって大きな成果であり、パレスチナ人はそれが自分たちの闘いに国際的な正当性を与えると信じている。

アルバリス氏は、駐イスラエル欧州大使の扱いを批判した。 同氏は「われわれは外交上の礼儀や外交関係に関するウィーン条約の規範に当てはまらないものは拒否する」と述べた。

同氏はさらに、「しかし同時に、我々の目標を遠ざけるいかなる挑発にも屈しないことにも同意した」と付け加えた。 同氏はさらに、「我々の目標は、明日パレスチナ国家を承認し、できるだけ早く恒久的な停戦に到達するためにあらゆる努力をし、最終的には最終的な平和を達成することである」と付け加えた。

___

コリーン・バリーはミランから、アリッツ・パラはマドリッドから寄稿した。

AP カバレッジの詳細については、次の URL をご覧ください。 https://apnews.com/hub/israel-ハマス-war

READ  パリで気候変動抗議活動参加者がモナリザを流出