7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スペイン警察、生放送中のイッサ・バラド記者への嫌がらせ容疑で男を逮捕性的暴行のニュース

スペイン警察、生放送中のイッサ・バラド記者への嫌がらせ容疑で男を逮捕性的暴行のニュース

バラドさんはクアトロテレビでマドリードでの強盗事件について報道していたところ、カメラの前で男に体をまさぐられた。

スペイン警察は、生放送中に女性ジャーナリストに性的暴行を加えた疑いで男を逮捕した。

イッサ・バラドさんは火曜日にマドリードで起きた強盗事件についてリポートしていたところ、男が後ろから近づいてきて体をまさぐり、どのチャンネルを見ているのか尋ねた。

バラドさんは男性と対峙し、彼女は仕事中だと説明し、報道を続けようとしたが、司会者のナチョ・アバドさんは男性の顔をカメラに映すよう主張した。

警察はX(旧Twitter)へのメッセージで、火曜日に女性ジャーナリストへの性的暴行容疑で男が逮捕されたと発表した。

この事件は、先月の女子ワールドカップ決勝後にスペインサッカー連盟の元会長が代表チーム選手の唇にキスをしたことを受け、スペインが性差別に取り組んでいる最中に起きた。

クアトロを所有するメディアセット・エスパーニャは、「いかなる形態の嫌がらせや攻撃も断固として否認する」と述べた。

「私たちは『En boca de todos』特派員イッサ・バラドを全面的にサポートします」 [On Everyone’s Lips]絶対に耐え難い状況を経て、彼女は今日耐えたのです。」

この事件はネット上で大きな注目を集め、ネチズンや政府関係者らから非難の声が上がった。

ヨランダ・ディアス労働大臣は、「ジャーナリストがこのような性的暴行を受けるのは男らしさによるものであり、加害者はカメラの前で悔い改めない」とコメントした。

READ  イスラエル、ガザ地区で兵士24人死亡と発表:最新情報