2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スロー競馬の「サスペンス」が日本で新たなファンを獲得

スロー競馬の「サスペンス」が日本で新たなファンを獲得

帯広、2 月 11 日 — 日本の競馬場ではスピードがすべてではありません。世界で最も遅い競馬の予測不可能なストップ&スタートのドラマが、新しいファンをお気に入りの競馬への賭けに熱望させ続けています。

歓声が響き、ゲートがひっくり返され、スイッチがオフになります。しかし、フラットは速度以上のもので、1 世紀以上の伝統で重いそりを引きます。

広告

広告

ばんえい競馬は北海道の帯広市で開催され、観客は人間の早足の速さで動く筋肉質の馬車を応援します。

最近の午後、8人の騎馬競技者が砂埃を巻き上げて、200メートル(220ヤード)のコースにある2つの丘のうちの最初の丘を駆け上がった。

しかし、彼らはすぐに止まり始め、冬の風が吹く何度もある休憩のうちの最初の休憩で息を整えた。

24歳のオーストラリア人観光客エスター・マッコートさんは、馬の大きさに驚きながら、進歩が遅いため「ちょっとした不安を生む」とAFPに語った。

「スタートで人や馬がどれだけ良く見えても、重要なのは残り50メートルなので、いつでも変わる可能性がある」と彼は語った。

人々がオンラインでレースを観戦し、オンラインで賭けるようになると、パネイケイバの人気は衰え、新たなマーケティング活動とパンデミック中の関心の高まりが一致するまで続いた。

こうした気軽なギャンブラーと熱心なファンによって、イベントの年間売上は 555 億円 (3 億 7,500 万米ドル) にまで増加しました。これは、2011 年の最低点から 5 倍に増加しました。

2023年12月8日に撮影されたこの写真は、帯広市の帯広競馬場で調教中にそりを引く馬。 – AFP画像

「ダイナミック」レース

パネイ競馬は、長く厳しい冬を経験し、人口もまばらな北海道に日本人が移住したことで成長しました。

彼らは「バンパ」と呼ばれる馬に頼って田畑を切り開き、物資を運び、鉱山を操作し、地元の祭りでは綱引きやその他の競技で競い合いました。

パンパはレース用のサラブレッドの 2 倍の体重があり、パンパが引くそりの重さは 600 キログラム (1,300 ポンド) を超えることもあります。

そりに乗った騎手たちは大声で叫び、長い手綱で馬を鞭で打ちます。

服部義之などの調教師は残虐行為の告発を否定し、強い動物は注意深く扱われ、能力を超えた負荷を強制されることはないと述べた。

「パンパは走るために生まれ、物を運ぶために育てられました」と服部氏は言う。彼の馬はいくつかのレーストロフィーを獲得している。

「彼らは畑で働き、私たちのために働いてくれました。私たちはこの歴史を続けていきたいのです。」

服部氏にとって、パネのレースは従来の競馬の「視覚的体験」よりも「よりダイナミック」なものだという。

「応援すると身体が動くんです」と彼は言う。

「応援せずにはいられない」

この地域の他の3つの都市でも同様のレースが開催されたが、いずれも負債を抱えて2006年に閉鎖された。

長く停滞する日本経済はパネイ競馬に大きな打撃を与えており、競馬を維持する定期競馬客の高齢化が進んでいる。

現在、この遺産の唯一の管理者である帯広競馬場は、施設を清掃し禁煙にすることで、より多くの若い家族連れや観光客を呼び込むことに努めている。

小型動物園を設置し、人気スマートフォンゲームとタイアップするなどのマーケティング活動を展開し、再興を図った。

現在、調教師28名、調教師150名、騎手21名を含む約750頭の馬がレースに参加している。

飼育員の一人、後藤優乃さん(21)はレースに先立ち、淡いピンクと青のふわふわしたリボンやリボンをパンパのたてがみに付ける作業に忙しかった。

2023年12月9日に撮影されたこの写真は、北海道帯広市の帯広競馬場で競馬後に馬を誘導する乗務員の琴由乃さん。 – AFP画像

いつか騎手になるのが夢だと述べ、「このイベントは人々にこの文化に触れ、他の競馬とは異なる経験を提供する素晴らしい機会です」と語った。

昨年この地域を訪れた訪問者の山田太一さん(27)は、種の起源を知ることでさらにその魅力が増すと語った。

「これは人間と動物の間の一種の交流だ。今後も歴史の一部であり続けることを願っている」と同氏はAFPに語った。

「あれだけの重さを馬が負うのは大変なこと。応援せずにはいられないよ」。 – AFP

READ  「ユキオ!」 クリエーターの高橋和希が日本沖の海で死んでいるのが発見された