6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スーダン戦争:エル・ファッシャーへの侵略の脅威が人々に恐怖を与える

スーダン戦争:エル・ファッシャーへの侵略の脅威が人々に恐怖を与える

画像ソース、 ムハマド・ザカリア/BBC

写真にコメントして、 ファイザ・イブラヒム・オスマン氏、エル・ファシェル内での衝突を懸念

  • 著者、 ムハンマド・ザカリア・オマル・ムハンマド
  • 役割、 BBCニュース、エル・ファッシャー

スーダン西部ダルフール地域の主要都市であり、依然として軍の統治下にある最後の大都市中心地であるエル・ファシェルでは、侵略の脅威が日々の命を懸けた闘争に影を落としている。

31歳の英語教師、オスマン・モハメッドはこう語る。

36歳の食料品店のオーナーで5人の子供の父親でもあるモハメド・アリ・アダム・モハメドさんは、大規模な戦闘が何を意味するかについて何の疑問も抱いていない。

同氏はBBCに対し、「市内で迅速支援部隊と軍との間で衝突が起きれば、我々民間人が犠牲者になるだろう」と語った。

スーダンの残忍な内戦は、わずか1年余り前に、一緒にクーデターを起こしたこの国の最も著名な軍事指導者2人、一人は軍司令官、もう一人は緊急支援軍司令官が、国の将来について意見の相違から始まった。

現在まで、エル・ファシェル市は、迅速支援部隊の本拠地であるダルフール全土で起きた最悪の暴力と民族殺害を免れている。

しかし、先月中旬以来、民兵組織がエル・ファシェル市を包囲している。エル・ファシェルは同グループが支配する他の地域から逃れてきた者を含む数十万人の避難民を受け入れている人道支援センターだ。

国連によると、これまでに爆撃や小競り合いにより43人が死亡した。

人々はRSFが都市に大規模な攻撃を開始するかどうかを待っているが、彼らの焦点は生き残るための戦いにある。

オスマンは婚約中で、婚約者との新生活の準備をしなければなりませんが、基本的なニーズを満たすのに忙しいです。

「治安が悪く、キャッシュフローやお金が不足しているため、生活は非常に困難です」と彼はBBCに語った。 「食料、水、交通費、教育など、すべてが非常に高価です。リストは続きます。」

「中流階級は消滅し、国民の80%は今や貧しいです」とモハメッド氏は言う。

彼は紛争初期に流れ弾に当たって食料品店を閉めざるを得なくなり、より小さな店をオープンした。 しかし、物資は不足しており、価格変動と独占によってビジネスは麻痺している。

「道路が通行止めになると、価格が大幅に上昇します」と彼は言います。

電気はなく、水不足は深刻で、燃料不足と避難民の流入による需要の増大によってさらに悪化している。

「水の価格は壊滅的に高いです」とフセイン・オスマン・アダムは言う。彼は可能な限りタクシー運転手兼食品貿易業者として働き始める。

「経済的にも、健康的にも、精神的にも、人生は誰にとっても言葉では言い表せないほど悲劇的です。」

フセイン氏は糖尿病を患っているが、血糖値を検査するための物資が不足している。

「今のところ、私たちは何かを期待しているだけです」と彼は言います。

国連と米国は最悪の事態を予想している。

彼らは、すでに飢餓の瀬戸際にある地域に対する大規模な攻撃の結果について警告を発した。

米国のリンダ・トーマス・グリーンフィールド国連大使は今週初め、これは「大規模な虐殺…災害に次ぐ災害」になるだろうと述べた。

この予測は、RSFとアラブ民兵同盟が占領した他の都市から報告された、広範な略奪、非アラブ人グループに対する民族暴力、性的暴行に基づいている。

迅速支援部隊の指導者らはこうした非難を否定している。 彼らは軍の侵略に対して自衛する正当な権利があると主張し、軍が爆発性の樽で意図的に民間人を殺害していると非難している。

彼らがまだエル・ファッシャーを制圧できていない理由の一つは、現地の武装勢力とスーダン国軍の同盟であり、そのほとんどがザガワ族の反政府勢力であり、RSFを決定的に打破すると誓っている。

したがって、包囲された都市で戦争が勃発した場合、それは激しく、致命的なものになることが予想されます。

イェール大学公衆衛生学部人間研究所のエグゼクティブディレクターであるナサニエル・レイモンド氏は、「現時点では民間人にもSAFにも明確な逃げ道はない」と述べた。

同氏は最近の緊急記者会見で、「私たちはこの現象を『キルボックス』と呼んでいるが、介入の余地が失われている可能性がある」と述べた。

同氏は、軍が「死を覚悟した」近い戦闘に備えている証拠を研究者らが確認していると述べた。

国際医療慈善団体「国境なき医師団」は現地でBBCに対し、これまでに軍の空爆やRSFの砲撃による戦闘で負傷した125人の患者を治療したと語った。

しかし、政府は数カ月前、エル・ファシェル南部のザムザムキャンプで栄養失調の危機が発生していると警告していた。同キャンプには、過去の民族暴力の波で避難民が多く住んでおり、人道的対応の大幅な強化が必要だ。

スーダンにおけるMSFの緊急対応責任者、クレア・ニコレット氏は、緊張の高まりで事態は以前よりもさらに困難になっており、戦闘が激化すれば事態はさらに悪化するだろうと語る。

特にここ数カ月は、周辺地域からエル・ファシェル市そのものへの避難を強いられた大勢の人々の流入が目撃されており、彼らはそこで学校や集会場として知られる地域で暮らしている。

ファイザ・イブラヒム・オスマンは、これらのセンターの一つ、テンパシ・センターの女性監督者である。

どういうわけか、彼女は市の北部にある家を出て、彼らの話を共有します。 彼女は、エル・ファシェル南部のほうが安全なため、生活がエル・ファシェル南部に集中するようになったと語った。

このセンターには、薬や治療を受けるのが難しい病状を抱えた人々が収容されています。 しかし、赤十字社が1日2食の提供を中止したため、食糧不足が最も差し迫った懸念となっている。

木曜日、同センターは「戦争を止めるよう神に祈って」コーランの朗読を行った。

「私たちは噂を恐れており、遠くから銃声が聞こえます」と彼女はBBCに語った。 「飛行機が来ると、対空砲の音が聞こえます。 私たちが恐れているのはエル・ファッシャー内部での衝突だけだ。」

市内に出入りするすべての道路が閉鎖され安全ではないため、閉所恐怖症は圧迫感を増します。

食料品店のオーナーであるムハンマドさんは、「今最もつらいのは、度重なる紛争と絶え間ない緊張により、精神状態が完全に悪化していることだ」と語る。

国連は人々が逃げようとすると殺されるのではないかと警告しているが、実際のところ、MSFによれば、彼らに残された居場所はほとんどないという。

スーダンに関するその他の BBC の記事:

画像ソース、 ゲッティイメージズ/BBC

READ  北朝鮮、初の軍事偵察衛星を6月に打ち上げると発表