4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

タイラー・アダムスがUEFAネーションズリーグ決勝戦に向けてアメリカ代表メンバーに復帰

タイラー・アダムスがUEFAネーションズリーグ決勝戦に向けてアメリカ代表メンバーに復帰

ミッドフィールダー タイラー・アダムス 米国サッカーリーグが今月後半に開催されるCONCACAFネーションズリーグのタイトル獲得に向けて、彼は2022年ワールドカップ以来初めて米国男子代表チームの名簿に復帰する。

ACミラン・パビリオン クリスチャン・プリシッチ ユベントスのミッドフィールダー ウェストン・マッキニー 彼は水曜日にグレッグ・バーハルター監督が選出した23人リストのトップでもある。

– ESPN+ でストリーミング: リーガ、ブンデスリーガ、その他 (米国)

ネーションズリーグ3度目の優勝を目指す米国は、3月21日にテキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで準決勝でジャマイカと対戦する。

決勝戦と3位決定戦は3日後に同じ場所で行われ、メキシコとパナマが参加する。 米国の選手たちは3月18日にダラス都市圏で取材を開始する。

プリシッチは64試合に出場し、ロスター内で最も多く出場している選手である。 フラムのディフェンダー ティム・リーム 次は55です。

米国ヘッドコーチのグレッグ・バーハルター氏は発表の際、「目の前の目標は明確だ。我々は3回目のネーションズリーグ優勝を目指して戦い、プレーオフでの成功を目指して挑戦し続けたい」と語った。 「これはこのタイプのゲームで豊富な経験を持つプレイヤーのグループであり、この機会を楽しみにしています。」

アダムスは怪我を乗り越えて、15か月以上前にカタールで開催されたワールドカップでチームのキャプテンを務めて以来初めてUSMNTに加わった。 25歳の彼にノリッジ・シティのストライカーが加わった ジョシュ・サージェント、その大会以来怪我にも苦しんでいます。 アダムスは再発するハムストリングの問題に悩まされているが、サージェントは昨年8月に足首を負傷し、4カ月も戦列を離れていた。

アダムスは今シーズンまだボーンマスでの出場機会はないが、先週末のシェフィールド・ユナイテッドとの2-2引き分けではベンチ入りした。

「この決定は、基本的に彼のクラブとの何ヶ月にもわたるコミュニケーションの結果であり、彼がどこにいるのかを追跡し、トレーニングでのパフォーマンスのレベル、彼が行っている負荷やトレーニングを把握するために行われた」とバーハルター氏はメディア対応中にアダムスについて語った。

「そして、数日前にようやくコーチと会話をし、タイラーの現状をコーチが実際に聞いたところ、彼について十分に良いことを言うことができなかった。彼らはクラブで彼がプレーするのに十分だと考えているのは確かだ」私たちの場合は45分までです。」

「そして、それを聞いてすぐに、私たちはこのアイデアを考えました。彼はフィールドの内外でチームにとって大きな意味を持っているからです。彼が戻ってくるのは良いことです。彼が最後に代表チームに加わったのはワールドカップでした」彼はしばらく離脱していたが、このグループに戻ってくるのは良いことだろう。」

サージェントは12月下旬に復帰して以来好調を維持しており、今シーズンはリーグ戦とカップ戦19試合で計12ゴールを記録した。 そのうち10ゴールは2024年初め以降に決められたものである。

最後に、23 人の選手のうち 21 人は、少なくとも 1 つのネーションズリーグ優勝チームに所属しています。 両方のトーナメントに 7 名が参加しました。 セルジニオ デストマキニ、 ユニス・ムサプリシッチ、ジオ・レイナ、 アンソニー・ロビンソン そしてティムとヤー。 デストは昨年11月にトリニダード・トバゴで行われたCNLのAFL最終戦でレッドカードを受け、準決勝のジャマイカ戦で出場停止処分を受けた。

「チームを選択しなければならなかったすべての時間の中で、競技の性質、選手のパフォーマンスのレベル、代表チームの層の厚さなどを考慮すると、おそらくこれが最も選択しなければならなかったチームだった。今です」とバーハルター氏は付け加えた。

レゲエボーイズは米国にとっておなじみの敵であり、両チームは1988年からの歴史の中で32回対戦している。そのうち22回は公式戦での対戦であり、そのうちの4回は過去3年間のものである。 アメリカは通算19勝3敗10敗というアドバンテージを持っているが、最近10試合のうち7試合は1点以下で決着している。

USMNT の全名簿 (クラブ/国、試合/ゴール):

ゴールキーパー: 22-ドレイク・カレンダー (インテル・マイアミ 0/0)、18-イーサン・ホーバス (カーディフ市/壁; 9/0)、 マット・ターナー (ノッティンガム フォレスト/イングランド; 37/0)

ディフェンダー: 2-セルジニオ・デスト(PSV/アイントホーフェン; 32/2)、23-クリス・ルンド(パレルモ/イタリア; 3/0)、16-マーク・マッケンジー (ヘンク/ベルギー; 13/0)、13- ティム・リーム (フラム/イングランド; 55/1)、3-クリス・リチャーズ (クリスタル・パレス/イングランド; 14/1)、5- アンソニー・ロビンソン (フラム/イングランド; 39/4)、12-マイルズ・ロビンソン (FCシンシナティ;3/28)、19-ジョー・スカリー (ボルシア・メンヒェングラートバッハ/ドイツ; 8/0)

ミッドフィールダー: 4- タイラー・アダムス (ボーンマス/イングランド; 36/1)、15-ジョニー・カルドーソ (レアル・ベティス/スペイン; 9/0)、14-ルカ・デ・ラ・トーレ (セルタ・ビーゴ/スペイン; 0/20)、8-ウェストン・マッケニー(ユベントス/イタリア; 11/49)、6-ユネス・ムサ(ミラノ/イタリア; 0/33)、7-ジオ・レイナ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド; 24) /7)

フォワード: 20-フォラリン・バログン (モナコ/AFP; 8/3)、17-マリク・ティルマン (PSV/NED; 8/0)、9-リカルド・ペペ (アイントホーフェン/イングランド; 10/22)、10-クリスチャン・プリシッチ(ミラノ/イタリア; 28/64)、11-ジョシュ・サージェント(ノリッジシティ/イングランド; 5/23)、21-ティム・ウェア(ユベントス/イタリア; 35/) 5)

READ  ボブ・メルビンの2024年ジャイアンツコーチングスタッフ、おなじみの顔ぶれがハイライト - NBCスポーツ・ベイエリアとカリフォルニア