9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

テニス-西郡は肩の負傷でトロントマスターズを引退



ファイル写真:2021年8月10日; カナダ、オンタリオ州トロント; 日本の西越圭は、アビバセンターで開かれた国立銀行オープンの第2ラウンドでセルビアのミオミール・ケクマノビッチを破り、ファンに手を振る。 強制クレジット:ドンハミルトン-USAトゥデイスポーツ

トロント(ロイター)-日本の西越圭は水曜日にトロントで開催されたATPマスターズ1000トーナメントから肩の負傷で除外された。

2016年のカナダハートコートストップのファイナリストであるニシゴリは、水曜日の第2ラウンドの衝突で、7シードのポーランドのホバートハルカスに直面しましたが、彼の右肩の痛みは和らぎました。

「本日、大会からの撤退を決意したことを発表できてがっかりしました」と西郡は語った。 「長いテニスの後、右肩がとても痛くなります。けがをしたくありません。

「私は今、私の注意を健康に保ち、法廷に戻るつもりです。」

ハーガスは第3ラウンドまで散歩し、ジョージアニコロズバシラシビリと対戦します。

ニシゴリの突然の出発は、火曜日の彼の出発に続いて彼の左足の痛みで世界第4位のラファ・ナダルを去りました。

怪我は今年20回のグランドスラムチャンピオンのウィンブルドンと東京オリンピックをノックアウトし、先週のワシントンオープンからの第3ラウンドの出口で彼に衝撃を与えました。

(トロントのスティーブ・キーティングによる報告。トビー・デイビスによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アジア
ヨーロッパ
スペイン
カナダ
テニス

READ  チームは非常事態を拡大しています