4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ディズニー映画界トップの社長が体制改革で辞任

ディズニー映画界トップの社長が体制改革で辞任

  • 青井マリコ著
  • ビジネス記者

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

ショーン・ベイリーの数十億ドル映画の中には、『ライオン・キング』、『美女と野獣』、『アラジン』などがあります。

ディズニーは実写映画スタジオのリーダーシップを揺るがしており、ボスのボブ・アイガーはエンターテイメント巨人の運命を好転させようとしている。

この動きにより、映画制作責任者のショーン・ベイリー氏が10年半務めた後、辞任することになる。

後任にはディズニー・サーチライト・ピクチャーズの社長デビッド・グリーンバウム氏が就任する。

この映画は、『ホーンテッド・マンション』や『ジャングル・クルーズ』など、最近の興行成績が期待外れだった後に公開される。

ディズニーによると、ベイリー氏は今後のSF映画『トロン:アレス』やその他のプロジェクトのプロデューサーとして同社に残る予定だという。

ベイリー氏は在任中、『不思議の国のアリス』、『マレフィセント』、『ジャングル・ブック』の実写化作品を監督した。

彼の10億ドルの大ヒット映画には、『ライオン・キング』、『美女と野獣』、『アラジン』などもあります。

彼の作品を合わせると、このメディア巨人に推定世界興行収入 70 億ドル (55 億ポンド) がもたらされました。

しかし昨年、彼は『リトル・マーメイド』も担当したが、他の作品ほど成功しなかった。

「ショーンは10年以上にわたり、スタジオのクリエイティブチームの非常に重要なメンバーでした」とディズニー・エンターテインメントの共同社長アラン・バーグマンは述べた。

「彼と彼のチームは、世界中のファンを喜ばせ、時の試練に耐える象徴的なストーリーと瞬間をスクリーンにもたらしました。」

ディズニーは事業変革を求めた物言う投資家ネルソン・ペルツ氏から圧力を受けている。

このアメリカの億万長者は、ディズニーが自社の映画の興行成績を改善するだけでなく、ストリーミング事業からの利益を増やすことを望んでいる。

ペルツ氏はディズニーの取締役会の一員になることを繰り返し要求してきた。 月曜日の会社 株主の皆様へメッセージを送る 同氏は取締役会のメンバーになることを支持しないよう強く求めた。

計画には、テイラー・スウィフトのエラス・ツアーのコンサートフィルムの独占バージョンをDisney+でストリーミング配信することが含まれる。

同社はまた、人気ビデオゲーム「フォートナイト」のメーカーであるエピック・ゲームズにも15億ドル(12億ポンド)を投資する予定だ。

米国の大手メディア 3 社は合わせて、FIFA ワールドカップ、F1、ナショナル フットボール リーグ、全米バスケットボール協会、メジャー リーグ ベースボールなど幅広いスポーツの権利を所有しています。

同社の株価が下落し、Disney+が損失を出し続けたため、復活した。

READ  新曲「イーグルス」が反ユダヤ主義的発言を擁護