5月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ディンゴは海岸に打ち上げられた後に安楽死した。 世界のニュース

ディンゴは海岸に打ち上げられた後に安楽死した。 世界のニュース

サラ・ピートさん(23)は、クイーンズランド州ケガリで3、4頭の先住オーストラリアン・テリアに襲われ、サーフィンを強制された。 目撃者の一人は、助かったのは幸運だったと語った。

ダニエル・ベインズ、新聞記者


2023年7月20日木曜日06:22、イギリス

ジョガーを撫でていたディンゴの群れのリーダーがオーストラリアのビーチに打ち上げられた。

野生生物当局は、水曜日に狩猟レンジャーがこの動物(事前に追跡装置が装着されていた)を捕獲し、人道的に殺害したと発表した。

サラ・ピートさん(23歳)が3人か4人に襲われた後のことだ。 オーストラリア人 月曜日、以前はクイーンズランド州のフレーザー島として知られていた世界最大の砂浜の島、カガリでジョギングに出かける地元の犬たち。

当局は最近、人体への襲撃事件が相次ぎ、この地域でのパトロールを強化している。

目撃者らによると、群れを潰す過程でピートはカンガルーなどの大型獲物に対する狩猟戦略としてサーフィンを強要されたという。

観光客のシェーンさんとサラ・モファットさんはSUVでビーチをドライブしていたところ、彼女が襲われているのを発見し、助けに飛び込んだ。

モファットさんは9Newsに対し、2頭のディンゴが「彼女のそばにぶら下がっている」のを見たと語った。

「彼女は『助けて、助けて』と叫びながら手で私に向かって歩いてきました。彼女の顔に恐怖が浮かんでいるのが分かりました。気分が良くなかったのです」とモファットさんは語った。

モファットさんは、ピートと群れのリーダーの間になんとか力を入れてから、ディンゴを殴って怖がらせた、そしてそうでなければ彼女は生き残れなかったと信じていると語った。

クイーンズランド州で日光浴中の観光客をディンゴが噛む

これは限定版のストーリーのため、残念ながらこのコンテンツは利用できません。

フルバージョンのロックを解除する

「最後の手段」

ブリスベン出身のランナーはひどい噛み跡を負ったが、ヘリコプターで病院に運ばれたが、容体は安定している。

それ以来、当局は患者の機密保持を理由に、彼女の状態に関するさらなる最新情報を提供していない。

群れのリーダーは、非常に危険な行動をするため追跡首輪を付けられた島の3頭のディンゴのうちの1頭で、2頭目のディンゴは人間を噛んだために最後の数週間で殺された。

6月には、7歳の少年と42歳のフランス人女性が2回別々に襲撃された後、別の動物が殺処分された。

「高リスクのディンゴを安楽死させるのは常に最後の手段であり、クイーンズランド州の公園と野生生物局が下した難しい決断は、島の伝統的な所有者であるポチョラの人々によって支持された」と当局者は声明で述べた。

当局は、島内でディンゴに対する恐怖が高まっているのは、観光客がディンゴに餌をあげたり、写真を撮るよう勧めたりして規則を無視したせいだとしている。

世界遺産に登録されているグレートサンディ国立公園の訪問者には、保護種である動物がもたらす危険を理由に、柵で囲まれたエリアの外で走ったりジョギングしたりしないよう警告されている。

READ  海軍軍艦トーマス・ハドナーが紅海で​​無人機を撃墜