9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

デジタルアートショーでの日本の森の明かり

日本のジャングルで開催されたデジタルアートショーでツツジの木が光る波紋の中で光るとき、岩の上に光の滝が注がれます。

花が咲き、巨大なコヨーテの鯉と伝統的な指紋が暗くなった後、光のインスタレーションが生き生きと表現され、展示では自然とテクノロジーを組み合わせた異なるグローバルな雰囲気を作り出します。

南日本の九州山地の舞台芸術は、長谷工不動産の最新作です。

バンドは、予測、サウンド、慎重に作成されたスペースを組み合わせた壮大なビジュアルで国際的に有名です。

「デジタルアートと自然は完全に正反対だと思われることもあります」とチームラボの工藤隆氏はメディアプレビューでAFPに語った。

「しかし同時に、私たちの「ペイント」は軽いので、デジタルと自然を組み合わせるのは非常に簡単だと思います。

「それで、私たちは自然を破壊しませんでした、私たちは元の木や岩を塗りませんでした…それは日中に消えるでしょう。」

金曜日に開かれ、11月7日まで開催されるこの展示会は、長崎近郊の佐賀地区の古代の森に国境が溶け込んでいる公園で行われます。

センサーは、人々が通り過ぎるときにツツジの隠れ家に隠されているのが見つかります-周囲の木々に稲妻のような急速な輝きを送ります。

池の表面では、紫、黄、緑の光の抽象的な線が組み合わさって、上のネオンの木の天蓋を反映しています。

廃墟となったバスルームでは、床から巨大な「巨石」が浮かび上がり、暗闇に逆らって明るく輝いています。

「チームラボ:猫が住む森」と題された展示会は、自然環境の美しさを鑑賞するのに役立つと武藤氏は語る。

「葉-それらは緑色だけのように見えますが、私たちにとっては画面です。」

bur-kaf / oho

READ  中国のスター、チャン・ジェハンが日本の写真をブラックリストに載せました