12月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

デンソー、ジャパンモビリティショー2023に出展 | ニュース | ニュース

デンソー、ジャパンモビリティショー2023に出展 | ニュース | ニュース

デンソーブースの詳細については、デンソージャパンモビリティショー2023専用ウェブサイトをご覧ください。
https://www.denso.com/global/ja/events/japan-mobile-show/2023/

また、西展示棟1階の主催者企画「東京フューチャーツアー」では、未来の東京が新しい動きでどう変わっていくのかを紹介します。 デンソーもイベントに参加し、観客に水素エネルギーのイメージを伝えるため、「H2」をかたどった大型ブランコを設置する。 ブランコをフルスイングして発電した電気は、デンソーの固体酸化物電解電池(SOEC)※2システムで水素に変換され、蓄えて使用します。 これにより、観客はエネルギーの使い方を体験することができます。 「Startup Future Factory」では、日本自動車部品工業会が会員企業を対象としたビジネスマッチングやブースツアーを開催する。https://www.japia.or.jp/topics_detail1/id=4135

※¹ 一般社団法人日本自動車工業会 JAMAが主催するこのイベントは、10月25日(水)から26日(木)まで報道関係者向けに公開され、10月27日(金)にプレビューが行われ、10月28日(土)に一般公開されます。 11月5日(日)まで。

*2 SOECは、セラミック膜を電解質として使用し、蒸気を電気分解して水素を生成する高温で動作するユニットです。 水素を製造する方法としては、アルカリ水溶液を電解質とするアルカリ水電解や、高分子膜を電解質とする固体高分子交換膜(PEM)水電解などがあります。 このデモンストレーションで使用される SOEC は、他の 2 つのタイプよりも電気分解に必要な電気エネルギーが少なくなります。
PEM水電解装置は、今年3月から株式会社デンソー福島とトヨタ自動車株式会社が共同で実施する実証実験に使用されています。

注:ジャパンモビリティショー2023公式サイト
https://www.japan-mobile-show.com/ja/

READ  日本チームがレースを支配し、アメリカが2位になりました。