2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トリニダード・トバゴ、謎の船からの油漏れで海岸が汚染され「国家非常事態」を宣言

トリニダード・トバゴ、謎の船からの油漏れで海岸が汚染され「国家非常事態」を宣言

事務総長室/ロイター

トリニダード・トバゴのトバゴ島での石油流出が、2024年2月10日に投稿されたこの写真に写っている。



CNN

トリニダード・トバゴの海岸沿いで船の転覆により大規模な原油流出が発生し、カリブ海の国の首相は日曜、これを「国家非常事態」と表現した。

同国の災害準備管理局(ODPM)によると、流出は2月7日にトバゴ島の南岸沖で発生した。 同庁は土曜日の声明で、海岸の約15キロ(9マイル)が「現在真っ暗になっている」と発表した。

現場の写真には、油が海岸の広範囲を覆い、厚い黒いヘドロの中を救助隊員が歩いている様子が写っている。 少なくとも1,000人のボランティアを含む複数の政府機関が漏洩の制御に取り組んでいる。

キース・ローリー首相は日曜日の記者会見で「状況は制御されていない」と述べた。 同氏は、この船の起源はまだ特定されていないと付け加えた。

ローリー氏は「これは国家非常事態であるため、臨時支出として資金を提供する必要がある」と述べ、「必要となるものの全範囲と規模は分からない」と付け加えた。

トバゴ議会議会首席書記長ファーリー・オーガスティン氏は、当局が漏洩が他の地域に広がるのを防ぐために浮遊障壁を設置したと述べた。 当局はまた、漏れをふさぐためにダイバーを派遣したが、失敗した。

「私たちが繰り返してきたように、船の設計図に関する知識が不足していることを考慮して、船内の石油をすべて抽出する方法を見つけなければならないということです」とオーガスティン氏は記者団に語った。

CNNは首相官邸にコメントを求めた。

事務総長室/ロイター

トリニダード・トバゴのトバゴ島での石油流出が、2024年2月10日に投稿されたこの写真に写っている。

アカシュ・ブダン/AFP

2024年2月10日、トリニダード・トバゴのスカボローにあるロックリー湾の海岸で、原油流出事故の清掃を行う作業員たち。流出を引き起こした船の出所はまだわかっていない。

クレメント・ウィリアムズ/AFP/ゲッティイメージズ

2月10日に写真に撮られた原油流出は、海岸線約15キロメートル(約9マイル)にわたって黒い残留物で覆われていた。

「船の竜骨だけが見えているため、それが貨物船なのか、タンカーなのか、はしけなのかはわかりません。その独特の物理的性質は水中にあり、現時点では侵入することはできません」とローリー氏は日曜日に語った。

同氏はさらに、「しかし、ここでの接続後に壊れたようで、ある種の炭化水素が漏れ出し、水と海岸を汚染していることはわかっている」と付け加えた。

地元メディアによると、地元ランボー地区の住民らは漏洩による悪臭が持続していると報告し、健康を心配する人もいるという。

トバゴ議会のオーガスティン書記長は、呼吸器疾患を持つ人々に対し、マスクを使用し、「自己感染するか、軽減する方法を見つける」ようアドバイスした。

漏洩は国内最大の観光名所の一つであるカーニバルの時期に発生した。

「トバゴ経済の最も優れている部分は観光業であるため、観光商品がそのようなことにさらされていないことを認識することが重要であり、このようなことが起こってしまったので、私たちはそれを封じ込めなければなりません」と首相は述べた。 彼は言った。

READ  カブールの大学教授が、タリバンによる女子教育禁止に抗議して生放送で卒業証書を引き裂く