1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トルコのインフレ率は36%に達し、2002年以来最高です。

トルコの年間インフレ率は12月に36%に上昇し、民間人の生活に大きな打撃を与えました。

月曜日のトルコ統計局は先月の消費者物価指数が前年比36.08%上昇したことを示した。

エコノミストは、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領の与党が2002年に政権を握って以来、インフレ率が高いと述べています。

インフレは国の経済的および社会的機能に激動の影響を及ぼしました。

燃料価格の高騰により、先月、イスタンブールのヨーロッパとアジアの地区を隔てるリン海峡でのボートサービスが部分的に停止されました。

家庭の電気代は1月上旬から50%以上増加しています。

中央銀行がエルドアン首相の経済政策に沿って主要金利を繰り返し引き下げた後、トルコのインフレ率は加速した。 この動きは、トルコリラを対ドルで大幅に弱め、商品価格の上昇につながりました。

通貨がさらに下落するのを防ぐために、トルコの金融規制当局は、11月以来、誤った情報を広めることによって通貨を操作したとして24人を非難しました。

しかし、国の経済混乱はいつでも和らぐ可能性は低いです。

READ  日本は2025年の財政予算のバランスを取ることを目指しています-メイン州