11月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トンガの噴火後、日本の太平洋岸は津波に襲われました

震源地は太平洋底下で報告されたが、南太平洋の島国であるトンガでは津波警報は発令されなかった。

気象庁は、3メートルの津波が日本の南西部の奄美群島と北東部の岩戸州の一部を襲う可能性があると述べた。

震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。

震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。

怪我や大きな物的損害の即時報告はありませんでした。

2011年3月にマグニチュード9.0の地震と津波で被害を受けた鹿児島県の南西部の島々と北東部の沿岸地域の地方自治体は、住民に海岸からの避難を促しました。

日曜日の記者会見で、気象庁の関係者は、津波警報が解除されるまで、日本の太平洋岸の住民に沿岸地域に近づかないように警告した。

津波警報と当局の助言を受けて、政府は情報を収集するために首相官邸に連絡事務所を設置した。

2016年11月、東北地方でマグニチュード7.4の地震が発生した後、津波警報が発令されました。

READ  Covidの2年間の遅延の後、Fast Ferryがついに日本で発売されました